たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

たまプラーザ南口胃腸内科クリニックダイエット企画 自分史上最高の肉体を目指して 私のダイエット遍歴と巷に溢れるダイエット法の是非。色々と自分の体でも試してみました。 平島徹朗 院長 たまプラーザ南口胃腸内科クリニックダイエット企画 自分史上最高の肉体を目指して 副院長 津川のRIZAP体験記 ~肥満を解消して健康になろう~ 久津川誠 副院長 たまプラーザ南口胃腸内科クリニックダイエット企画 自分史上最高の肉体を目指して 平島院長の勧めでRAIZAPに入会“子供と長く一緒にサッカーができる身体作り” 松本博希 たまプラーザ南口胃腸内科クリニックダイエット企画 自分史上最高の肉体を目指して “ライザップという自分と向き合うチャンス”甘いものには目がない運動経験ゼロのアラサーの挑戦 スタッフA たまプラーザ南口胃腸内科クリニックダイエット企画 自分史上最高の肉体を目指して “健康で美しい体を目指して”炭水化物とビールが大好きなアラフォーの挑戦 スタッフB たまプラーザ南口胃腸内科クリニックダイエット企画 自分史上最高の肉体を目指して 徐々に年々増えてきた脂肪と決別!“健康的にカッコいい体作り” 青木隼人 たまプラーザ南口胃腸内科クリニックダイエット企画 自分史上最高の肉体を目指して 大好きな日本酒を絶たつことで仕事にどう影響するか検証! 斉藤祟 たまプラーザ南口胃腸内科クリニックダイエット企画 自分史上最高の肉体を目指して 食事をしっかり摂取して、身体を大きくする「マッスルゲインプログラム」に挑戦! 相馬渉

CHALLENGE TO RIZAP ライザップへチャレンジ

今回、たまプラーザ南口胃腸内科クリニックのドクター・スタッフ・患者さんが健康的な生活習慣を再度見直し、自分の体で実際に試してみるという目的でライザップへチャレンジすることになりました。
高血圧症・高脂血症・糖尿病などは当たり前ですが、「がん」の多くも生活習慣病と言われており、これらは暴飲暴食や運動不足に伴う内臓脂肪の蓄積により多くが引き起こされるという事が様々な研究から分かっています。
これらを予防するには、食事や運動に対してのきちんとした知識を身につけ、それを実践することに尽きます。
このライザップへのチャレンジの様子を公開することにより、皆様方が健康への意識を高め、我々と同様に実際に行動に移し、そして実践し、薬などに頼らない健康的な良い生活習慣を身につけて頂けると、スタッフ一同大変うれしく思います。

01生活習慣の見直し
「格好いい肉体になりたい!綺麗なスタイルになりたい!」という思いはダイエットする一番のモチベーションになりますが、今回のライザップチャレンジの一番の目的は健康的な食事習慣・運動習慣を身につけ、生涯にわたっての健康的な生活習慣を自分の体を使って再度勉強し直すということになります。
一時的な格好いい肉体になることより、生涯にわたっての健康習慣を身につける事こそが今回のチャレンジの一番の目的となります。
02医療費の削減
昨今の医療費高騰の問題は大きな社会問題となっていますが、その膨大な医療費の中で一人一人のほんの少しの心がけや努力で減らせることが可能となる部分としましては、高血圧症・高脂血症・糖尿病・がんなどの生活習慣病です。
「がん」が生活習慣病と表現されると驚かれるかもしれませんが、「がん」の多くは食習慣や運動習慣などから引き起こされる立派な生活習習慣病のひとつです。今後も増え続ける医療費を削減するには、国民一人一人が適正な体重を維持する食習慣や運動習慣を身につけることにより可能となると信じております。
03再度知識の整理
普段からクリニックで患者さんに健康習慣のアドバイスを行ったり、体重減少目的で糖質制限をお勧めしている医療者の立場として、自分の体を実験台にして実践し、その実際のやり方や失敗しそうになる点について自らが理解して、身につけていくことが大切だと感じております。
このチャレンジを通じて、糖質制限や筋肉トレーニングを自らの体で実践し、今後の診療時に適切なアドバイスができるように再度知識の整理を行っていきます。

CHALLENGER チャレンジャー紹介

たまプラーザ南口胃腸内科クリニックのドクターやスタッフはもちろんのこと、クリニックに通院して内視鏡検査を定期的に受けられている患者さんも今回のライザップに挑戦します。それぞれが各人の目的・目標を持って2ヶ月のライザップに挑んでいますので、各人の挑戦日記の中で「トレーニング中のつらい思い」や「食事制限での葛藤」など、それぞれの「素の部分」を見て頂けると思います。男性と女性ではホルモンの関係から体重の落ち方が全く違いますし、筋肉の付き方も全く違ってきます。それらの違いや食事制限に対する感じ方の違いなども挑戦日記の中から見てとれると思われます。

MOVIE ライザップへ挑戦ムービー

  • 現役医師、平島徹朗がライザップに挑戦!
  • 医学博士 久津川誠 ライザップを終えて

REASON RECOMMENDED 勧めの理由

ダイエットで失敗する原因の一つとして、独りでおこなっているが故に出てくる「弱い心」が挙げられます。これは誰しもがダイエット中に必ず一度は経験していることなので、十分お分かり頂けると思います。
独りでダイエットしていると「何でこんなことしているのか?」「太っていても別に良いんじゃない?」「多少太っている方が男性として貫禄も出るし、女性としては多少太っている方が顔のシワも目立たないし〜」などなどというように何かと理由をつけてダイエットしているつらい自分から逃避したくなってしまいます。
ライザップではきちんとした知識を身につけ、多くの経験を積んだトレーナーさんがダイエット期間中きちんと伴走してくれて、弱い心を励まし続けてくれます。体重管理などの肉体的な部分から、弱い心をサポートしてくれる精神的な部分まで最後まできちんと伴走してくれます。独りでは達成困難な目標でも、心強いトレーナーさんと2人なら、心が折れることなく、大きな目標も達成可能となり、肉体的にも精神的にも成長した今までとは全く違う自分が見えてくることでしょう。

なぜライザップがいいのか?

  • 食事制限のみ・運動のみのどちらかだけだと健康的に痩せるのは難しい
  • カロリー制限のダイエットは長く続けるのが難しいが、糖質を制限するなど正しい食事制限の知識を得ることができる
  • 一人一人に合わせ常にトレーナーがサポートしてくれる
正しい食事制限の知識が付く!
頼もしい専属トレーナー

どんな方にオススメ

  • 痩せたいけど痩せ方が分からない
    痩せたいけど
    痩せ方が分からない
  • 体力や筋肉をつけたい
    体力筋肉
    つけたい
  • 肥満など生活習慣で悩んでいる
    肥満など生活習慣
    悩んでいる
  • 人生で最高の体と自信を手に入れ健康になりたい
    人生で最高の体と自信
    手に入れ健康になりたい
 

THE ESSENCE OF THE DIET 医師が考えるダイエットの本質

ダイエットに関しましては、テレビやマスコミなどで様々な方法が出ては消えてを繰り返していますが、「体重を落とすのに手軽な方法などない」というのが唯一の「真実」だと認識しております。
白ご飯や麺類などの糖質が中性脂肪や内臓脂肪を増加させてしまう唯一のものだと認識し、年齢と共に減らすべきものだと理解して頂き、代謝の低下に合わせて摂取を控えて頂くのが望ましいと考えております。

巷に溢れるダイエット法の是非

世の中には体重を一時的に落とすためのダイエット法が溢れていますが、医学的にみて正しいものなのでしょうか?長い目で見た長期的なダイエットとして正しいのでしょうか?など疑問に思うことが溢れていますが、何が真実で、何が嘘なのか分からない状況があると思います。院長の平島が自分自身の体で様々なダイエット方法を試してみて、医学的に正しいのかを色々と検証してみました!

詳しく見る
ライザップの29.8万円(全16回、2ヶ月コース)は果たして高いのか?!安いのか?!

ライザップに2ヶ月間通い(週に2回、1ヶ月に8回、2ヶ月で合計16回のトレーニングと食事内容のメールを毎日トレーナーさんに送り、返信してもらう)、病気にならない生活習慣を獲得するための運動習慣・食事習慣を習得していきますが、肥満であるが故にかかる医療費などをこの29.8万円と比較していきます。
果たして、2ヶ月でかかる29.8万円は高いのでしょうか?
安いのでしょうか?肥満が故にかかってくる生涯の医療費総額とライザップ費用を比較して検討しております。

詳しく見る

当院はライザップと医療提携をしております。
当院で内視鏡検査を定期的に受けている患者様が対象となり、
通常価格の5万円引きにてご入会可能となっております。
お気軽にご相談ください。

ページトップへ