leaf

たまプラーザ横浜内視鏡検査センター併設

ブログ更新情報一覧へ 一覧へ

院長紹介詳細へ

院長写真 院長 平島徹朗

「たまプラーザ南口胃腸内科クリニック」では、大病院にはない温かいおもてなしの心を持った安心で上質な医療を提供したいと考えております。
特に、胃・大腸内視鏡検査に関しましては"国立がん研究センター中央病院内視鏡部"などで習得した世界最高水準の「苦しくない無痛内視鏡検査」を取り入れておりますので、是非一度ご相談していただければと思います。
当院では、日々の食生活をはじめとする生活習慣の改善や定期的な検査を受けていただく事を中心とした「病気にならない予防医療」に力を入れております。

  • 会社の検診での胃バリウム検査だけで済ませていませんか?
  • 大腸がん検査を便潜血検査だけで済ませていませんか?
  • 当院での大腸ポリープおよび早期大腸がんに対する内視鏡切除術の実際
  • データから見る日本における「がん」の現状

当クリニックの内視鏡検査機器について

当院ではオリンパス社製の世界最新鋭の内視鏡システムおよび内視鏡スコープを導入しております。
最新鋭の内視鏡システムおよび内視鏡スコープを使用する一番のメリットは、精度の高い内視鏡検査で最も重要となる「内視鏡画質」の鮮明さと高詳細さであると言えます。
前モデルのハイビジョン対応スコープを大幅に上回る「HQ画質」の高詳細画を実現することが可能になり、微細な病変を見つけることに対しては、従来の内視鏡システムおよび内視鏡スコープとは精度が明らかに違うものになっております。
経鼻内視鏡検査での粗い画質とは雲泥の差の高詳細画質を実現することが可能となっております。

  • 世界最新鋭の内視鏡検査機器の導入
  • NBI(挟帯域光観察)について
  • 胃・大腸内視鏡検査について

    胃・大腸内視鏡検査について

    胃・大腸内視鏡検査について

    世界トップクラスの症例数を誇る国立がん研究センター中央病院内視鏡部などで習得した世界最高水準の「苦しくない無痛内視鏡検査」を取り入れております。

    胃・大腸内視鏡検査についての詳細へ

  • 高濃度ビタミンC点滴療法

    高濃度ビタミンC点滴療法

    高濃度ビタミンC点滴療法について

    がん治療・病気予防・美肌などのアンチエイジングに効果のある高濃度ビタミンC点滴療法をはじめ、各種点滴療法を行っております。

    高濃度ビタミンC点滴療法の詳細へ

  • 内視鏡検査・日帰り手術料金表

    胃腸内科・消化器内科外来

    内視鏡検査・日帰り手術料金表

    内視鏡検査・日帰り手術の料金のご説明を致します。胃内視鏡検査・大腸内視鏡検査から日帰り手術を行っております。光学顕微鏡にて詳しくお調べ致します。

    内視鏡検査・日帰り手術料金表詳細へ

疾患のそれぞれ

食道・胃・十二指腸・大腸などの消化管は他の臓器と比較して疾患の種類が多く、多岐にわたっています。疾患ごとに内視鏡画像に特徴があり、特に早期の消化管のがんはハイビジョン内視鏡でないと見つけにくいものが多くあり、ハイビジョン内視鏡での観察が大変重要となります。
早期がん以外にも経過観察が必要なものや治療が必要な良性疾患も多く存在しますので、自覚症状のあるなしに関わらず、内視鏡検査で直接、消化管の中を観察することが重要です。

  • 食道・咽頭の疾患

    食道・咽頭の疾患

    他の臓器に比較してお酒や喫煙との関わりが大きい「食道・咽頭の疾患」ですが、特に咽喉頭がんや食道がんはお酒、喫煙との関わりが強いと言われています。早期の食道がんは粘膜の微細な色調変化のみであることが多く、自覚症状が出ることはまずなく、食べ物が通らなくなるぐらい食道がんが大きくなって初めて自覚症状として出てきます。早期発見するためにはハイビジョン内視鏡での観察が大変重要となってきます。

    食道・咽頭疾患詳細へ

  • 胃の疾患

    胃の疾患

    長らく、日本人の死因の第1位であった「胃がん」ですが、ヘリコバクターピロリ菌の除菌治療の普及や内視鏡検査・治療技術の向上により死亡率は減少傾向にあります。早期胃がんも粘膜の微細な変化のみであることが多く、影絵の原理である胃バリウム検査などでは発見が難しいため、ハイビジョン内視鏡での観察が大変重要です。ヘリコバクターピロリ菌感染により、胃粘膜の萎縮が進んでいきますが、萎縮の進行具合も内視鏡検査であれば直接観察することができ、胃がんの発生の有無も同時に観察することが可能となります。

    胃の疾患の詳細へ

  • 大腸の疾患

    大腸の疾患

    日本人で近年、急激に増加しているのが「大腸がん」ですが、食事の欧米化や肥満者の増加により、増加の一途を辿っています。大腸がんは大腸ポリープができることが大部分であるため、内視鏡検査により大腸ポリープを発見して、切除することで「大腸がん」を予防することが可能となります。そのため、血便や腹痛などの自覚症状が出る前の内視鏡検査が大変重要となり、検診での便潜血検査で済ましてしまっては早期発見はまずできないと思われます。「大腸がん」は予防できる「がん」の代表的な疾患でありますので、早期発見・早期治療が大変重要となってきます。

    大腸の疾患の詳細へ

  • 十二指腸の疾患

    十二指腸の疾患

    十二指腸は他の臓器と比較して、病気のできにくい部位でありますが、代表的な疾患に十二指腸潰瘍が挙げられます。十二指腸潰瘍の大部分の原因がヘリコバクターピロリ菌感染と言われており、除菌治療を行うことにより、十二指腸潰瘍の再発がほとんどなくなるとされています。十二指腸潰瘍の症状の特徴は「空腹時の痛み」ですので、このような症状を繰り返している場合は十二指腸潰瘍が疑われますので、内視鏡検査で潰瘍の有無を観察することが大切になります。十二指腸がんは稀な疾患ですが、早期に発見できれば内視鏡で治療することが可能となります。

    十二指腸の疾患の詳細へ

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト

文字サイズ
大
中
小