たまプラーザ南口胃腸内科クリニック

ヘルスリテラシーを高める

こんにちは、sakamoです。

突然ですが、ヘルスリテラシーという言葉をご存知ですか?数年前からある言葉のようですが、私は最近知りました。

ヘルスリテラシーとは「健康や医療に関する情報を入手して正しく理解した上で、自分に取り入れるかどうか判断し、活用する能力のこと」だそうです。なんだか少しややこしい言い回しです。

気軽に情報が入手できるいま、自分が本当に確かな情報を選択して、活用できていたかと考えるとかなり不確かだったと思います。

例えば、この商品が身体に良い!とテレビで紹介されると鵜呑みにしてスーパーでついつい手に取り、必要かどうかも考えず安易に購入していました。

風邪をこじらせてしまった時には、症状をWeb検索して耳鼻咽喉科に行きましたが、改善されず悪化してしまいました。(院長に相談した結果、呼吸器科にかかることが正解でした。)

ヘルスリテラシーを高めるには、正しい情報を得ることが大事ですが、その情報が正しいかどうかを判断するには「発信元の確認・いつの情報か・ひとつの情報だけで判断していないか・宣伝、広告のためではないかなど疑うこと」が必要だそうです。

また、かかりつけ医を見つけることも大切なのことのひとつだと思います。

情報に惑わされたり、遠回りして病気の兆候を見逃したりしないよう自分の健康を守る力を身につけたいと思いました。

ちなみに、当院のLINE(医療法人ハートアンドオンリー)ではお友だち登録いただいた方に定期的に医療情報をお届けしています。もし気になる方がいらっしゃいましたら、受付までお気軽にお声かけ下さい。