gototop

⼤腸内視鏡検査前⽇の⾷事は⾮常に⼤切です︕
簡便かつ詳細な⾷材選びの⽅法をお教えします

How To Choose A Meal

メインビジュアル

大腸内視鏡検査前日の
食事のポイント

当クリニックは、福岡院(福岡天神内視鏡クリニック)と合わせて、
年間6,000件の大腸内視鏡検査を行っております。

苦しさと痛みに配慮した内視鏡検査」イメージ
「大腸ポリープや大腸がんを早期で発見する精度の高い検査」イメージ

「苦しさと痛みに配慮した内視鏡検査」かつ
「大腸ポリープや大腸がんを早期で発見する精度の高い検査」

の実現のために、当院では開院時より数多くの工夫を凝らしています。 丁寧できわめて緻密な内視鏡操作を行い、それに加えて各人に適した軽いウトウトする程度の鎮静剤を使用することで、みなさまに

“驚くほど楽だった”

と言っていただけるような「苦しさと痛みに配慮した内視鏡検査」を行っております。

「大腸内視鏡検査前の洗腸剤と前日の食事の仕方」については、
洗腸剤(下剤)は、個々人の排便状況に合わせた“最低限の最適量”を常に検討して導入しております。
そして検査時の便状況を詳細に電子カルテに記載して、次の大腸内視鏡検査時の洗腸剤量を決定して、最低限の洗腸剤量で楽に服用できるように管理しております。
精度の高い大腸内視鏡検査を行うために最も大切なのが“検査前日の食事と食材選び”です。
これは検査当日に大腸内がきれいな状態になっていることが、精度の高い検査を行う上で最も大切な事柄であり、

“微小な早期大腸がんや大腸ポリープを発見できるかどうかの大きなカギを握っている”

といっても過言ではありません。


大腸内視鏡検査前日の食事内容について、“日本のスタンダードとなる大腸内視鏡検査前日の食事の指標”を当院スタッフ全員で監修し作成し、よりシンプルにしてみました。
医師・看護師・事務スタッフ全員で話し合いを重ね、市販の検査前食ではなく、“誰もが調理し易く、かつおいしい食事”を提案し、多忙のために食事が作れない方、独身の方のためには、購入しやすいコンビニエンスストアから“気軽に購入できる消化に良い食事”を厳選しました。

誰もが調理し易く、かつおいしい食事イメージ
万全な腸の綺麗さで検査のイメージ

どうせ検査を受けるなら万全な腸の綺麗さで検査に臨んで頂き、
精度の高い大腸内視鏡検査を受けてもらいたい”

この指針が少しでもみなさまのお役に立つことができましたら、私たちはこれほど嬉しいことはありません。
当院では、大腸内視鏡検査前日の食事は、来院時に以下のようにご説明しています。

検査前日の
お食事の注意事項と流れ

食べた物を排泄するまでにかかる時間は食べた物の種類や量、食べ合わせ、普段の排便状況、年齢など個人差もありますが 約24時間~72時間(1日~3日)かかると言われています。それを踏まえると、以下の様になります。

注意事項イメージ
消化の良い物のイメージ
  • 検査当日に、腸の中を早く綺麗にするため、前日は朝・昼・夕食とも消化の良い物を食べるようにしてください。
  • 食事の量は通常量を食べて頂いて問題ありません。
  • 腸の中に消化されない食べ物が残っていると検査で観察不良となりますので、食べてはいけないものは絶対に食べないようお気をつけください。
  • 便秘がちな方や、前回の検査で野菜や種が残っていた方は、検査の3日前から、食べてはいけないものをお控えください。
  • お酒も少量なら飲んでも問題ありません(例:ビール350ml程度、ハイボール・ワインなどグラス2杯程度)
  • 夕食は午後8時までにお済ませください(どうしてもお仕事などで午後8時までのお食事が無理な場合は、
    午後10時までに消化の良いお肉かお魚のみ少量食べるようにして下さい。)

食べてはいけないもの

炭水化物

雑穀米、五穀米、発芽玄米
ラーメンは基本OKですが、ネギ、野菜、豚骨ラーメンは避けましょう。

タンパク質

制限はありませんが、脂身部分は避けてください。

その他食品

食物繊維の多いスループット食材

  • 食物繊維の多いスループット食材(野菜類、きのこ類、海藻類、果物類の種、胡麻、ナッツ類など)は消化されずに大腸まで達する食品成分ですので、食べないようにしてください。

重要なポイント!

脂肪分の少ない赤身肉や白身魚のイメージ
お茶や飲料水のなどの水分補給のイメージ
  1. 脂肪分の少ない赤身肉や白身魚は通常量食べてOKです。
  2. 普段、健康や便秘解消によい”食物繊維の多い野菜や果物の皮や種、ゴマ”、海藻類、キノコ類”などは大腸内に必ず残ってしまうため、絶対にNG!!
  3. 間食としてお菓子類は、少しなら食物繊維の含まれていないものであればOKです。
  4. 前日夜の22時以降は間食を含めた食事を摂取しないでください。お茶や飲料水のなどの水分補給はいつでもOKです。

早食いをせず、少しずつよくかんで食べることで前日まで通常量の食事摂取も可能です。
前日の食事を抜いてしまうと、腸の動きが悪くなるため洗腸剤を服用しても反応が悪く腸がきれいになりません。
通常よりも食事からの水分摂取が少なくなるため、脱水傾向になり気分不快を起こす場合があるので、水分補給は十分にすることをお勧めします。

私たちは、「具体的な自炊の食事例」食事を作るのが大変な方のための「コンビニ食」
当院スタッフで食べ比べ一番優れている「クリニックで買える検査前食」を調査し、指針を作成しました。
ぜひご覧ください。

お電話からの予約はこちら

受付 9:00〜19:00(土日-16:00まで)

045-914-7666

WEBからのご予約

WEBからのご予約なら、時間を気にせず
24時間・365日、お気軽にご予約いただけます。

その他 大腸内視鏡検査について