gototop

胃内視鏡検査

Gastroscopy

メインビジュアル

たまプラーザ南口胃腸内科クリニックの
胃内視鏡検査

当院では、原則すべての胃内視鏡検査を受けられる方に「苦しさと痛みに配慮した内視鏡検査」を行っております。
NBI(狭帯域光観察)、高精度胃カメラを導入しているので、胃がん・食道がんの早期発見が可能になります。
そのためには、定期的な胃カメラによる観察が非常に重要になりますので、
安心して次回の検査も受けたいと思っていただけるように努めてまいります。

当院の胃内視鏡検査の特徴

当院の胃内視鏡検査の特徴

当院では、「苦しさと痛みに配慮した内視鏡検査」で楽に苦痛なく検査を受けていただくことだけではなく、高精度の内視鏡検査を行うことで、症状がない段階から早期に胃がんや食道がんを発見することを意識しております。

胃内視鏡検査の流れ

胃内視鏡検査の流れ

「苦しさと痛みに配慮した内視鏡検査」について、来院してから検査・お帰りまでを実際の流れに沿って動画と写真で紹介しております。

「苦しさと痛みに配慮した胃内視鏡検査」 と「経鼻内視鏡検査」は 何が違うの?

「苦しさと痛みに配慮した胃内視鏡検査」 と「経鼻内視鏡検査」は 何が違うの?

胃内視鏡検査と経鼻内視鏡検査で用いる内視鏡スコープの性能の違い、
それぞれの検査のメリット、デメリットについて解説いたします。

ピロリ菌検査・除菌治療

ピロリ菌検査・除菌治療

ピロリ菌感染は、胃がんの一番のリスク要因です。
胃粘膜のピロリ菌感染の有無を知ること、ピロリ菌陽性の方は除菌治療を行っていくことで、胃がんのリスクを減少させることができます

胃内視鏡検査でわかる疾患

胃内視鏡検査でわかる疾患

胃カメラでは、咽頭(のど)から食道・胃・十二指腸までを詳細に観察します。
内視鏡検査で見つかる可能性がある各臓器の疾患で見られる内視鏡所見の特徴をご紹介いたします。

検査手術料金

胃内視鏡検査の料金

胃や食道の症状が疑われる方や定期的な経過観察目的の胃カメラを保険診療にて行っております。
病変の有無により組織検査(生検)が必要になり検査料金が変わってきますので、大まかな目安をお知らせ致します。

NBI(挟帯域光観察)について

NBI(挟帯域光観察)について

当院で使用する内視鏡システムでは全ての胃内視鏡検査でNBI(狭帯域光観察)観察に対応しています。
従いまして、咽頭(のど)、食道、胃の小さな病変を発見することが可能になります。

お電話からの予約はこちら

受付 9:00〜19:00(土日-16:00まで)

045-914-7666

WEBからのご予約

WEBからのご予約なら、時間を気にせず
24時間・365日、お気軽にご予約いただけます。