gototop

⼤腸内視鏡検査
NBI(挟帯域光観察)について

What Is Nbi

メインビジュアル

⼤腸内視鏡検査
NBI(挟帯域光観察)とは?

現在、消化器系のがんが増えています。
内視鏡医は日々、早期発見・早期治療のために小さな病変を発見することに尽力しています。
粘膜表面の色や構造をより精細に観察するための内視鏡観察技術の開発が進められてきました。
「ハイビジョン内視鏡」という画期的な内視鏡が導入されて以来、飛躍的に鮮明な観察しやすい画像が得られるようになりました。
しかしそれでも、小さな病変は発見、診断しにくかったのですが、
最近になり、NBI(narrow-band imaging)が開発されより発見、診断しやすくなりました。
通常の内視鏡検査では、通常の自然色をモニターに再現します。しかし、NBIでは、光の波長を制御することで、粘膜表面の血管や、わずかな粘膜の肥厚、深部血管などを強調して映し出します。

NBI(narrow-band imaging)のイメージ NBI(narrow-band imaging)での実際の写真

我々は消化器内視鏡専門医として「内視鏡経験の多さ」、「注意深く診ていく用心深さ」と「勘とセンス」を以前から持ち合わせていますが、ハイビジョン内視鏡機器の導入、NBI(narrow-band imaging: 狭帯域光観察)などの先進的な内視鏡技術の導入でさらに詳細な診断が可能になりました。
大腸内視鏡検査において、NBIはポリープやがんの発見に加え、詳細な診断を可能とします。このNBIのメリットは、ボタンひとつで波長を変えて血管や表面構造を強調する観察ができることです。NBIを用いることで、病変と正常粘膜を「粘膜の色調」、「粘膜表面構造」や「血管走行」の違いで鑑別できます。今までは、内視鏡経験や勘から診断していましたがNBIを用いることで確信をもって診断可能となりました。NBIではまず「色の違い」という点で、正常粘膜と大腸ポリープやがんとの差を識別できるようになりました。これは、がんやがん化する可能性のある大腸ポリープなどでは血流が豊富なためNBIにて表面粘膜の血管がより強調されることに起因しています。
色調の違いという論理的な検査方法のため、実際に大腸ポリープやがんの発見率が向上するという画期的な観察方法となったのです。

当院では、病変をより詳しく観察するために全例で、NBIシステムを用いた内視鏡検査を行っています。そしてNBIは、病変をズーム機能で最大限に拡大できた時にこそ、最大限の力を発揮できます。拡大ズームをしながらNBI観察をすると、粘膜表面の微細な模様や血管構造まで観察でき、病変の詳細な情報を得ることができます。
当院では全例で、100倍ズーム機能を搭載した内視鏡スコープを使用していますので、少しでも怪しい病変を発見した場合はボタン操作で簡単に「NBI・拡大ズームでの観察」までもが同時に行えます。病理組織検査を行う際にも重要な情報となるのです。

NBIは食道や咽頭・喉頭の粘膜でも威力を発揮します。
早期の食道がんは粘膜の微細な色の変化さえも示さないことが多く、特に早期発見が難しいとされています。
微細な早期食道がんや早期咽頭がんに対してはこの血管を強調して粘膜の色の違いを際立たせるNBIが非常に有用となっています。

通常光とNBIとの比較

大腸ポリープ(腺腫)の詳細観察

ハイビジョン内視鏡
ハイビジョン内視鏡画像
ハイビジョン内視鏡画像です。 通常光だと認識は難しく、見逃されやすい病変です。やや発赤した病変が矢印の先にあるのがわかります。
NBIハイビジョン内視鏡
NBIハイビジョン内視鏡画像
NBIハイビジョン内視鏡画像です。 NBIにて観察を行うと周囲の粘膜と比較して茶色い病変としてポリープを発見できます。
インジゴカルミン特殊染色
インジゴカルミン特殊染色画像
インジゴカルミン特殊染色画像です。 特殊染色であるインジゴカルミンを散布することにより、大腸ポリープの境界がよりはっきり認識することができます。
ハイビジョン内視鏡
ハイビジョン内視鏡の画像
ハイビジョン内視鏡の通常光観察でもなかなか認識するのが難しい平坦な大腸ポリープです。
NBIハイビジョン内視鏡
ハイビジョン内視鏡のNBI
ボタンひとつで切り替え可能なハイビジョン内視鏡のNBIでは大腸ポリープの血管が茶色に強調され、ハッキリと認識できるようになります。
NBI100倍拡大
ハイビジョン内視鏡のNBI100倍拡大画像
拡大することでさらに詳細な観察が可能となります。強調された表面模様から将来がん化する可能性の高い大腸ポリープであることが即座に確認できます。
ハイビジョン内視鏡
ハイビジョン内視鏡
大腸ポリープの通常光での内視鏡像です。
NBIハイビジョン内視鏡
NBIハイビジョン内視鏡
NBIの内視鏡像です。拡大しないと詳細な診断はできません。
NBI100倍拡大
NBI100倍拡大内視鏡画像
NBIの拡大内視鏡画像です。この部分は、表面の模様と血管の模様から判断して「腺腫」であることが分かります。

早期大腸がんの詳細観察

ハイビジョン内視鏡
ハイビジョン内視鏡
非常に小さな早期大腸がんの通常光での内視鏡像です。
NBIハイビジョン内視鏡
NBIでの早期大腸がんの内視鏡像
NBIでの早期大腸がんの内視鏡像です。拡大していないので詳細な診断はできませんが、黄色四角の部分で「がん」を疑うため、拡大していきます。
NBI100倍拡大
ハイビジョン内視鏡NBI100倍拡大画像
茶色い血管が目立ちます。先ほどの腺腫とは異なり、不正な走行や形をしています。がんであることがわかります。内視鏡治療を行い、粘膜内がんというStage0の早期大腸がんでした。粘膜内がんであれば、内視鏡治療のみで完治となります。

お電話からの予約はこちら

受付 9:00〜19:00(土日-16:00まで)

045-914-7666

WEBからのご予約

WEBからのご予約なら、時間を気にせず
24時間・365日、お気軽にご予約いただけます。

その他 大腸内視鏡検査について