たまプラーザ南口胃腸内科クリニック

自粛明け、運動していますか!?

おはようございます、院長の平島です。

診察室で患者さんと話していると、自粛期間中はジムなどが閉まっていることもあり、

「運動がほとんどできずに太ってしまった」

というお話を聞くことが多くなりました。

激しい運動はかえって免疫力の低下を招く可能性が高いので、いわゆる

「ユル運動」

をお勧めしております。

最も手軽で誰でもできるのが「ウォーキング」です。しかし、ただ歩いているだけでは効果が半減してしまいますので、少し意識する工夫が必要です。少しの意識で効果が全然違ってきますので、意識しながら歩いてください!

ポイント1 歩く速さを意識する!

少し息が切れるぐらいの早足で歩く

ポイント2 歩き方を意識する!

踵からきちんと着地して、足の親指を中心にしてきちんと蹴って前へ前進

ポイント3 肘を意識する!

肘をきちんと後ろに大げさに引くようにすると背中や二の腕の引き締めに効果的

このちょっとした3つのポイントを意識するだけで運動の効果は大きく上積みされます。

ポイントは

意識すること

です。

自粛期間も終わりましたので、とにかく免疫力を下げないように積極的に外に出て日光を浴びて、ウォーキングしてみてください。熱中症にも気をつけながら早朝か日が暮れてからがお勧めですね。

私も毎日朝5時に起きて、ウォーキングと軽いランニング継続中です!