たまプラーザ南口胃腸内科クリニック

イボ治療を自身で受けてうれしかったこと

おはようございます、院長の平島です。

昨日は日曜診療でしたが、たくさんの患者さんに来院して頂き、私も全力で一生懸命、内視鏡検査と診察をさせて頂きました。

日曜診察の際に患者さんの一人に

患者さん:「先生、感謝しないといけないことがあるんですよ」

私:「えっ?なんですか?、私何もしてませんよ」

患者さん:「実は、指や顔にイボ(疣贅)ができたので、ネットで「たまプラーザ 疣贅(ゆうぜい、イボのこと)」って検索したら先生のブログの記事が出てきたんですよ、その記事を参考に近所のクリニックで液体窒素ではなく、外科的にイボを切除してもらいました」

私:「それって、結構前のブログ記事ですが、今でも検索したら出てくるんですね!」

調べてみたら2013年の記事でした、7年前の出来事でした。福岡までわざわざイボ治療に行っていました、私。

https://www.tamapla-ichounaika.com/%E9%99%A2%E9%95%B7%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0/2354.html

一般の皮膚科が保険診療で行っている「液体窒素での治療」は根治に時間がかかり、根本解決にはならないことがあるので、外科的切除をした方が早く根治でき、早期解決になりますよ、という内容のブログでした。正しい治療を的確にするのは時間の無駄がなくて良いと思います。

7年前の私の体験談が今、私の大切な患者さんの役に立てたこと、とてもうれしい気持ちになりました。

報告して頂き、ありがとうございました。

私が自分自身で体験して、良かった治療や施術はドンドンこれからもこのブログや診察室で紹介していこうと思います。色々な治療や施術は患者さんのためにも積極的に受けていこうと思います、人体実験!

右手の人差し指にイボがあり外科的処置した部位ですが、もうすっかり傷口は目立ちません