たまプラーザ南口胃腸内科クリニック

コロナ自粛による運動不足の解消

こんばんは、コロナ自粛による運動不足を痛感している人が診療中の会話で話題になることが多くなってきています。体重も増えたという方も多くいらっしゃいます。

本日は連休の最終日ということもあり、明日から気合いを入れて頑張る方も多くいると思われます。

怠惰だった過去を悔いても仕方ないので、朝晩は特に涼しくなった今こそ、運動を開始して、炭水化物を中心とした食事の量を減らす良い機会かと考えています。私もサボるときはサボりまくるので、気を取り直して節制をしていきたいと思います

現在、私も肉体改造に取り組み、大きくした身体を2ヶ月で5キロ体重を絞っています。朝ラン、夜スイム、毎日腹筋を2ヶ月前から修行と思って行っております。

よく患者さんと話すのですが、

「今日は疲れたから、すぐに寝よう」

とか

「今日は、仕事頑張ったからお酒飲んで寝よう」

というのは脳からみたら上手く気分転換ができていません。かえってストレスが溜まる生活をしていると思います。

疲れたときこそ、もう少し軽い運動をして身体を使ってみると、脳や身体の疲れは驚くほど取れます!

だまされたと思って、仕事後に少し身体を動かしてみると脳と身体の疲れが驚くほど取れますよ。

横浜院、福岡院スタッフ全員でコロナウィルス抗体検査行いましたが、全員陰性でした。これだけ感染対策を行っていれば感染しないのですね。高濃度ビタミンC点滴やビタミンDのサプリメント摂取をスタッフ全員で行っていますが、効果が出ています。今後もさらなる対策を講じてクリニックに安心して来院できるようにしていきたいと思います。