たまプラーザ南口胃腸内科クリニック

中性脂肪や内臓脂肪が増えている方急増中、要注意!

おはようございます。

最近、

仕事、トライアスロンの練習、筋トレ、勉強、実家の5つのことが重点的に重なっており、中々勉強がおろそかになっている自分にイライラしている平島です。

私は、本や論文、ネットなどで情報を収集して、それを実践しながら確かめていく作業が好きで、取捨選択を大胆に行うようにしています。

例えば、

ネット検索の

Googleマイビジネス

のことを深く知って仕事に役立てていきたいと考えたときは、まず本屋さんに行って「Googleマイビジネス」のことが書いてある本を10冊ぐらいパラパラ軽く読みます。そこで当たりをつけて、その場では本を買わずに、家に帰ってからアマゾンで「Googleマイビジネス」の本をネット検索します。そこで、自分が本屋さんで読んで良いなと思った本の周辺からアマゾンがお勧めしてくる本の情報も見つつ、口コミも参考にしたり、「試し読み」ができる本は試し読みをしてみて、

3冊ぐらいを厳選してネット購入

します。

その購入した3冊をサラッと読んで、

共通して主張している点

違った角度から分析している点

を意識しながら比較検討していきます。

共通して述べている点→基本的なことであり、やって当たり前の押さえておかないといけない事項

違って述べている点→その著者がどれだけ深く勉強しているかの差が出る事項

これらの

「共通点と違い」

を意識しながら、内容が薄いのか濃いのかも意識しながら再度じっくり読んでいき、

一番自分の頭にしっくりきた本1冊を主要本として、実際に実践しながら再度読み返すようにしていきます。

さらに深く知りたい場合は、主要本の著者に連絡を取って、実際にコンサルティングして教えてもらったりすることも多々あります。積極的にコンタクトを取るようにしています。

このように

知らないことを勉強して、実践しながら成長していくことを意識

して日々過ごすように心がけています。

以前読んだ本ですが、参考になること多いです。再度、今読み返しています。

 

 

最近は食欲の秋やコロナ太りなどで、内臓脂肪や中性脂肪、コレステロールが増えている方を多く診察室で目にしますが、特に注目なのが

「中性脂肪」

です。

中性脂肪と聞くと

「脂肪だから、油を控えれば数値は下がるのではないか?」

「肉を控えれば下がってくるのでしょう」

と言う声を多く耳にします。

実は、中性脂肪は脂の取りすぎではなく、

炭水化物や果糖などが身体の中に取り入れられて、代謝量に応じて、身体のエネルギーとして使われて、その余ったものが中性脂肪となり、内臓脂肪、肝臓の脂肪として蓄積されてきます。

健康診断などで

「中性脂肪が基準値である149以内を超えて150以上になっていますよ!」

と指摘されたら、

①明らかなご飯粒・麺類・パン・甘いもの・おせんべいなどの炭水化物、果物などの果糖の取りすぎ=INが多過ぎ

②筋肉量が減って身体の代謝が落ちていて、身体の中でエネルギーとして上手く消費できていないですよ=OUTできていない

のどちらかだと思われます。

多くは①が原因であることが多いですが。。。

健康診断での中性脂肪の数値が気になる方や体重が増えて気になっているいる方は、肉などの脂ではなく、夕食の炭水化物、果糖である果物などの食べ過ぎに気をつけてみるとすぐに効果が現れますので、試してみてください。