たまプラーザ南口胃腸内科クリニック

東京ドーム草野球

おはようございます、院長の平島です。

新内視鏡室がオープンして2週間経過しましたが、来院患者さんもますます多くなり、スタッフ共々日々忙しくも、やりがいを感じながら診療を行っています。

日々の忙しい診療の質を高めるために大事になってくるのが、やはり気分転換です。私は、運動することで気分転換を図るようにしています。先日、友人達と「草野球をしたいね!」という話になり、球場を色々と探していましたが、「どうせやるなら東京ドームでやろう!」ということになりました。東京ドームでの草野球は人気があるためと巨人軍の試合やコンサート、各種大型イベントなどでの利用が当然優先されるため、予約をとることが難しいと言われましたが、色々な方の協力もあり、6月に東京ドームで草野球をすることができるようになりました。

私は幼稚園と小学校時代は水泳部、中高時代はサッカー部でしたので、本格的に野球をした経験はありませんが、野球は観るのもやるのも結構昔から好きなので、東京ドームで野球ができると考えると今から興奮しています。先日もバッティングセンターに行ってきましたが、10年ぶりぐらいにバットを握るのでなかなか上手く打てませんでしたが、少しずつ練習していこうかと思っています。

 

早速、グローブを買ってきました!まだ使っていないのでカチカチです。