たまプラーザ南口胃腸内科クリニック

大学からの親友は良いもんですね

こんばんは、院長の平島です。先日、佐賀大学時代からの親友と食事に行ってきました。佐賀大学時代は長崎と大分出身ということもあり、同じ九州同士で気が合うもの同士でいつも一緒に過ごしていたものでした。アパートが一緒ということもあり、いつも2人で過ごしていた思い出があります。2人で大学の授業をサボって、スノーボードに一緒に行ったり、アパートの屋上でひなたぼっこをしたりと適度に大学の授業をサボっていたのが良い思い出ですね。偶然にも卒業後は同じ消化器内科を専攻し、同じ時期に私は国立がん研究センター中央病院内視鏡部で、親友は静岡県立がんセンター内視鏡部で内視鏡治療を学ぶことになろうとは夢にも思いませんでした。大学時代のいい加減な生活から卒業し、社会人の医師としてのきちんとした生活になろうとはなんか信じられない気分です。学生時代、ローソンの深夜のバイトの面接に行って2人まとめて断られたのは良い思いですね。。。。(私がローソンの店長でも当時の2人なら採用断りますかね。。。。。)

現在は2人とも更正して、社会のために、なにより患者さんのために一生懸命頑張っています!

IMG_0761

年に1回は再会してお互いを高め合っています!