たまプラーザ南口胃腸内科クリニック

フリースタイル4回目~偏頭痛、肩こり解消トレーニング~

こんにちは。

キキです。

フリースタイル4回目行ってまいりました。

 

先週から今週にかけて、台風の影響や急変する天候の影響、ホルモンバランスの影響もあって、偏頭痛の症状が強く出てしまう日が多くありました。同じ様なご症状の方、多かったのではないでしょうか?

 

今回の4回目のトレーニングは、そんな私の体調を考慮して頂き、偏頭痛予防のストレッチをメインにご指導頂きました。

 

まずは、こちらのストレッチポールの上に横になり、呼吸をしっかりと意識しながら、重力に逆らわずに、時間をかけて脱力をします。

なかなかこの作業が難しい人が多いそうで、私もその一人。とにかく、緊張が強く力入ってしまうので、まず力を抜くと言う事が課題です。

 

今回のトレーニングの中で、ぜひとも皆さまにおススメしたいストレッチ方法を2つご紹介したいと思います。

 

ストレッチポールに横になり、脚を立てて、手を肩に置き、回します。この時も、呼吸を意識して、ゆっくりと。肩甲骨を緩める動きです。

 

この動きの後は、身体が怠くなる感じがしました。これは、全然悪い事ではなく、脱力ができていると言う事だそうです。

 

副交感神経を高めるそうで、寝る前に行うと睡眠の質が上がるそうです。

なかなか、寝付けない、睡眠が浅いと言う方はぜひ、試してみてください!

痛気持ち良い感じが、心地良いですよ!

 

次に、お守りを持ち、反対の手で首を真横に傾けます。重りを持つ事で、重力がかかり、より首を伸ばす事ができます。

ご自宅に重りってなかなか無いと思いますので、ご自宅では、2リットルのペットボトルを重り代わりにするのも良いかと思います。

首の角度を変えることによって、伸びる場所が変わるので、痛みを感じる所、引っかかりのある所を探しながらゆっくり行うと良いですよ。

 

偏頭痛があるときは、首から肩にかけてが、バリバリ、ゴリゴリの事が多く、日常から、こういったストレッチ方法を取り入れていくと、予防に繋がっていくと思うので、日常生活に取り入れやすい方法から、自宅でも継続しようと思います。

偏頭痛や、肩凝り、首凝りにお悩みの方は試す価値アリだと思います!ぜひ、やってみてください!

 

今回の急な体調の変化で、前回の様なハードなトレーニングだったら、ちょっとしんどいな…と正直思っていました。

ジムに行くのも、少し億劫な気持ちがあったのですが、古澤トレーナーがストレッチメインのメニューに瞬時に変えてくださいました。特にお願いしたわけではなかったので、

最後にお伺いしたところ、

その方の体調や、痛みがあるところがあれば、そちらを優先して、その場でメニューを作られるそうです。他のジムでは、あらかじめ、メニューが決まっていて、メニュー変更をすると言う事はあまり無いそうですが、

フリースタイルでは、入ってこられた時の表情や会話から、その方が疲れてるな、元気そうだな、体調悪そうだなと言う状態を瞬時に察知して、その方に合わせたメニューを考える様にしているそうです。

 

臨機応変にご指導頂けたり、理解して頂ける環境の中でトレーニングする事が、安心して長く続けられる秘訣だと思いました。

 

また次回のトレーニングも楽しみながら、頑張りたいと思います。