たまプラーザ南口胃腸内科クリニック

のどのつまり、感じませんか?

おはようございます。

副院長の久津川です。

 

「のどがつまる」、「のどの違和感」、「のどの異物感」、「食道がつまる」などと

訴えて来院される患者さんが最近増えています。

多くが女性です。

耳鼻科では異常なしと診断され、胃カメラをすすめられたと受診される方も多いです。

胃カメラを受けたほとんどの方が、咽頭、食道は異常なしと診断されます。

このような場合は、「咽喉頭異常感症」と診断されます。

「ヒステリー球」と呼ばれ、ストレスなどで症状が生じるといわれています。

胃カメラで「異常なし」と診断されると安心して薬を内服せずに治癒することが多いです。

症状が続く場合は漢方薬などで治療します。

 

 

 

 

 

 

 

正常の咽頭、喉頭の一部

 

しかし、一部の方で「咽頭がん」「逆流性食道炎」「食道潰瘍」「食道カンジダ症」「食道がん」と診断されます。

・咽頭がん:早期のものはほとんど症状はありませんが、進行すると異物感などを感じます。早期発見すれば治癒する疾患です。

 

 

 

 

 

 

 

早期咽頭がんの写真です。

 

・逆流性食道炎:胃酸が食道に逆流することで胸やけなどが生じます。胃酸の逆流が強いとのどの違和感も生じることもあります。

 

 

 

 

 

 

 

逆流性食道炎の写真です。

 

・食道潰瘍;ビタミン剤などが食道の壁に張り付いてしまい、潰瘍が生じます。違和感も感じますが痛みも発生します。

 

 

 

 

 

 

 

ビタミン剤による食道潰瘍の写真です。

・食道カンジダ症:免疫力が低下している人やステロイドの使用、抗生物質の使用で生じることがあります。ほとんどの方は症状がありませんが、症状が出ている場合は治療が必要になります。

 

 

 

 

 

 

食道カンジダ症の写真です。白い粒粒がカンジダです。

 

・食道がん:早期のものは症状がありませんが、進行すると食べ物が通らなくなり、食道のつまりを感じます。食道上部にがんがあれば、のどの違和感とかんじます。

 

 

 

 

 

 

進行食道がんの写真です。食道の半分が食道がんに占拠されています。

 

のどのつまり、違和感、異物感、食道のつまりなどを感じる方は、一度ご相談ください。