たまプラーザ南口胃腸内科クリニック

ピロリ菌陰性の胃がん

こんにちは。副院長の東です。

 

今日は胃がんの話をしたいと思います。

  • ピロリ菌感染が胃がんのリスクを上げること。
  • 保険適応となった「ピロリ菌の除菌」により胃がんのリスクは下げられること。
  • 除菌成功後も影響をうけた部位は元通りにならないので、経過観察が必要なこと。

ここまでは、当院のHPやブログでも書いてあるので「もう知っています」という人も多いでしょう。

 

胃がんのABCリスク検診を導入している企業や自治体が増えてきています。

ABC検診で血液中の「ピロリ抗体陰性、ペプシノゲン法陰性」のA群であった場合、
リスクはほとんどないと判定されます。

本当に大丈夫でしょうか??


実はピロリ菌陰性の場合でも、胃がんは発生します(頻度は低いですが)

  1. 印環細胞がん(スキルスがんの基となる細胞)
  2. バレット食道からの食道胃接合部がん(逆流性食道炎に関連)

ピロリ菌陰性であった場合でも、僕たちが定期的な胃カメラを勧める理由はそこにあります。

当然、早期であれば症状はほとんどありません。

通常のピロリ菌に関連する早期胃がんは凹んできますが、
印環細胞癌は半分が平たんなので、
胃レントゲン検査では100%見つけることはできません。

粘膜の色の変化で見つけるしかありません!

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、定期的な胃カメラ検査を受けていただくことでのみ、早期発見できるのです。

決して胃レントゲン検査を受けないでください(健診、人間ドッグ)。
内視鏡専門医3人が常勤する当院で、ぜひ定期的な胃カメラ検査をお受けください。