たまプラーザ南口胃腸内科クリニック

大腸ポリープはどうやって切除するの?

副院長の久津川です。

以前、当院で「日帰り大腸ポリープ切除」が可能であることをお伝えしました。

その場で切除してもらえない施設で大腸ポリープが見つかると

入院してもう一度同じ検査をしなくてはなりません。

これだと時間はかかるし、お金はかかるし大変だし面倒ですよね??

*当院では例外はありますが、基本的には「日帰り大腸ポリープ切除」が可能です。

https://www.tamapla-ichounaika.com/blog/21105.html

 

今回は具体的な切除方法です。

当院で行っている方法は3つあります。写真で各切除術をご紹介します。

①鉗子切除

②ポリペクトミー

③粘膜切除術(EMR)

 

①鉗子切除 一番簡単な切除方法です。小さなポリープに有効です。

 

 

 

 

 

②ポリペクミー やや盛り上がったポリープに最適です。数十秒から数分で終了します。

 

 

 

 

 

③粘膜切除術(EMR) 大きな平坦なポリープやがんの治療に最適です。数分から10分程度で終了します。

 

 

 

 

 

 

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)を受ける前に

「日帰り大腸ポリープ切除」が可能な施設か確認しましょう!!