たまプラーザ南口胃腸内科クリニック

落花生

こんにちは。副院長の東です。

 

僕の出身である千葉県と言えばディズニーランドを真っ先に思い浮かべますよね。

以外と知られていない千葉県の名産品と言えば、落花生なんです。

ピーナッツ? 落花生?

⇒同じ植物です。

一言でいえば殻つきの種子が「落花生」、中の種子のみが「ピーナッツ」です。

落花生は、地上にある枝に咲いた花の基部から子房柄が伸び出して地中にもぐり、土の中で実が育ちます。花が落ちて豆が誕生することから「落花生」と呼ばれているそうです。

 

お酒のおつまみに好きな人も多いのではないでしょうか?

落花生、実はいくつか種類があります。

 

 

 

 

僕のおススメは、ズバリ千葉半立(ちばはんだち)です。

 

パっと見の見た目で大粒で見栄えも良く、殻も白くきれいなものは「中手豊(なかてゆたか)」という品種です。

半立は、少し小粒で殻に黒い斑点模様がつきやすいため見栄えはあまり良くありませんが、
格段に香り高く、食べると甘みが強くて、味が濃厚です。

はっきり申し上げますが、その味わいは別物です。同時に食べ比べするとわかります。

 

最後に、クリニックのブログなので栄養に関して書き加えておきます。

落花生にオレイン酸やリノール酸などの不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。さらに渋皮には、ポリフェノールの一種、レスベラトロールが多く含まれています。抗酸化力が強いビタミンE、二日酔いの予防に効くナイアシンも豊富です。

 

今度買うときにはぜひ落花生の種類に注目して購入してください!!