たまプラーザ南口胃腸内科クリニック

オプジーボって知っていますか?

こんにちは。副院長の東です。

 

今年は、秋晴れの日が少ないと感じていますが、週末は良い天気でしたね。

暑くもなく寒くもなく、運動するには快適な秋です。

 

さて今日は少し専門的な話をします。

少し前に話題になった薬剤ですが、オプジーボは知っていますか??

免疫チェックポイント阻害剤と呼ばれる、がんに対する新しい治療法です。

京都大学の本庶佑先生が発見した抗PD-1抗体と呼ばれる治療法で、ノーベル医学・生理学賞を受賞しました。

がんに対する治療と言えば、手術療法(内視鏡、外科)、放射線療法、がん化学療法(抗がん剤)があり、そこに新たに加わった治療法です。

 

免疫療法自体は以前から存在していましたが、どれも効果は疑問符が付くレベルでした。

ところがこの免疫チェックポイント阻害剤は、登場するや否やその効果に驚かされる事が出てきました。

オプジーボの「がん細胞」に対する詳しい作用機序の話は専門的すぎるので、今までの免疫療法となにが違ったのかだけを簡単に説明します。

 

ヒトの体には敵を排除するための機能があり、それが免疫です。

細菌やウイルスから身を守っているのも、この免疫のおかげなのです。

その種類は大きく分けると2種類になります。

直接敵を攻撃するキラーT細胞に代表される細胞性免疫と、抗体と言って敵の侵入を防ぐ防御機構の体液性免疫です。

実は「がん」においても、この免疫が関わっています。

がんは自分の細胞のプログラム(遺伝子)が壊れて、無秩序に増殖してしまう(腫瘍化)ことです。

つまり、正常な細胞ではないので免疫部隊が攻撃する対象になるわけです!!

 

今までのがん免疫療法は、いかに免疫細胞を増やすことに目を向けていました。

当然攻撃部隊が多い方が敵を打ち負かせると考えますよね。

ところが期待するような結果は出ませんでした。

それでは、オプジーボは何が違うかって??

車のアクセルとブレーキに例えるとわかりやすいです。

 

今までの免疫療法⇒アクセルを強く踏み続けていた⇒いずれ燃料切れ

オプジーボ⇒アクセルはそのまま、ブレーキを取り外した⇒惰性で走り続けるイメージ

 

劇的な効果を表すこともあるのですが、その恩恵を享受できるのはごく一部になります。。。

いったん「がん」の増殖を抑える効果が見られた方は、その効果がしばらく続きます。

いわゆる抗がん剤とは、まったく違った効き方をするのです。

 

北里大学在職時にオプジーボの胃がんに対する治療開発に関わっていました。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/30566590/

 

「消化器がん」でお困りの方がいましたら、ぜひご相談ください。