たまプラーザ南口胃腸内科クリニック

腫瘍マーカーの実際

こんにちは。副院長の東です。

週末は雪が降る予報でしたが、冷たい雨だけでしたね。

気温が低い日が続きますので、体調には気をつけましょう。

 

今日は、腫瘍マーカーの話をしたいと思います。

健診では通常、腫瘍マーカーがオプション項目になっています。

はたして「がん」を見つけられるのでしょうか。

健診では、基準値を少し超えただけで異常と判定されるので、

それが「がん」の発見に繋がることは稀だと言えます。

 

異常な値とはどのくらいですか??

 

通常は基準値は1ケタが2ケタ(CEAだと5、CA19-9だと37)なので、

少なくとも3ケタ以上(100以上です)になると「がん」がある可能性が高いです。

 

北里大学で主治医をしていた時の胃がん患者さんの腫瘍マーカーの実際です。

 

 

 

 

 

腫瘍マーカーは「がん」の量を表すと考えられています。

実際には、「がん」と診断された方で腫瘍マーカーが高い方は、

その治療効果を判断する材料の一つとして使用します。

ある抗がん剤を使用していましたが、時間の経過につれて腫瘍マーカーは上昇してきていますよね。

そこで抗がん剤の種類を変更したところ、速やかに減少しました。

同時にCT検査を行いますが、そこでも「がん」が小さくなっていることが確認できました。

 

このようにリアルタイムで治療効果を判断することができます。

決して健診で謳われている「がん」を発見するための検査項目ではないのです。

 

消化器がん診療についても、的確なアドバイスを致します。ぜひご相談ください。