gototop

たまプラーザ南口胃腸内科クリニックブログ

Clinic Blog

メインビジュアル

大腸ポリープを切除することは「究極の大腸がん予防」!?

2022年08月01日

  • 院長ブログ

こんにちは、平島です。

ついに7月も終わりました。8月は夏季休暇もあることから、もっと早く時間が経過するのではないかと思っています。

来年春のトライアスロン大会

に向けて、練習を本格化していかないといけないと考えております。

朝は毎朝30分ぐらいランニングを継続していますが、仕事の打ち合わせなどが多く、仕事後のスイムの練習が週に2,3回くらいしかできていないのが少し残念ではありますが。。。

バイクの練習がいつもできていないので、今年は

ローラー台などを使用して室内で練習

するようにしてみようかと考えています。

大腸内視鏡検査は横浜院で1日20件前後、福岡院で18件前後行っていますが、最近は以前にも増して

大腸ポリープや大腸がんが増えている

ように思います。

食生活の欧米化

アルコール摂取

糖質過剰摂取

などが大きく関与していると推察されます。

いわゆる

豊食

な生活スタイルになってしまい、

身体に必要以上の栄養

身体にとって害のある食べ物を取り過ぎてしまっている

ことが大きな原因だと思われます。

大腸に関してとても便利で有益なことは

大腸がんの

80〜85%

大腸ポリープから成長する

という点です。

ということは、

大腸ポリープを良性の段階で切除することは

「究極の大腸がん予防」

になると言えます。

大腸ポリープで

お腹の症状が出ることはまずない

ので、

定期的な大腸内視鏡検査を受けること

とても大切で自分や家族の命を守るためにとても重要です。

女性の死因の第1位、男性の死因の第3位

大腸がん

ですし、

2025年以降では

男女とも死因の1位が

大腸になるとも予測されています。

定期的な大腸内視鏡検査を受けていれば、大腸がんで亡くなる確率は

限りなくゼロに近くなります

ので、勿体ない話だと思います。

現在、

かかりやすい癌の1位は男女とも大腸がん

となっておりますので、定期的な大腸カメラ大切ですね。

では、今週も頑張っていきましょう!

 

この記事を書いた人

平島 徹朗 医師

平島 徹朗

医師

国立佐賀大学医学部 卒業。 大分大学医学部附属病院消化器内科、国立がん研究センター中央病院内視鏡部など、 多くの病院・内視鏡専門クリニックで消化器内視鏡診断・治療を習得後、2011年たまプラーザ南口胃腸内科クリニック開院。

アーカイブ

お電話からの予約はこちら

受付 9:00〜19:00(土日-16:00まで)

045-914-7666

WEBからのご予約

WEBからのご予約なら、時間を気にせず
24時間・365日、お気軽にご予約いただけます。