gototop

内視鏡チャンネル

Movie Channel

メインビジュアル

胃がんや食道がんは刺激が原因で出来るって本当ですか?がんは刺激が原因?

がんはほとんんどが刺激でできます。

例えば食道がんの場合、タバコやアルコールなど。

胃がんの一番の原因はピロリ菌ですが、その次がなんと塩分! 普通の食べ物などは胃酸があるので守られますが、塩分ぐらいの刺激になってくると胃酸のバリアをも破壊し、塩分の刺激で胃がんが出来やすい構図ができてきます。

がんの多くは刺激が原因と言われています。

刺激とがんの関係について解説していきます!

この記事を書いた人

平島 徹朗 医師

平島 徹朗

医師

国立佐賀大学医学部 卒業。 大分大学医学部附属病院消化器内科、国立がん研究センター中央病院内視鏡部など、 多くの病院・内視鏡専門クリニックで消化器内視鏡診断・治療を習得後、2011年たまプラーザ南口胃腸内科クリニック開院。

お電話からの予約はこちら

受付 9:00〜19:00(土日-16:00まで)

045-914-7666

WEBからのご予約

WEBからのご予約なら、時間を気にせず
24時間・365日、お気軽にご予約いただけます。