gototop

内視鏡チャンネル

Movie Channel

メインビジュアル

NBIは小さな大腸ポリープを見逃さない!? 日帰り大腸ポリープ切除術も可能

今回は NBIという内視鏡技術の紹介です。我々内視鏡医は早期発見・早期治療のため小さな病変を発見する事を目指しています。 NBIが開発されてより病変が発見、診断されやすくなりました。 NBIは光の波長を制御することで粘膜表面の血管やわずかな粘膜変化などが茶色く強調されます。 大腸ポリープは平坦なものが多く、小さなものは見逃してしまう可能性があります。しかしNBIで観察すると茶色く強調され発見が容易になります。このような大腸ポリープを切除することで、大腸がんが予防できます。当院は日帰り大腸ポリープ切除術も可能です。

この記事を書いた人

久津川 誠

医師

国立熊本大学医学部を卒業。 世界消化器内視鏡学会より国際的優良施設として認定されている昭和大学横浜市北部病院で、内視鏡検査に関する高精度な診断・治療、さらには痛みの少ない大腸内視鏡の挿入法などを研究。 2015年より、たまプラーザ南口胃腸内科クリニック勤務。

お電話からの予約はこちら

受付 9:00〜19:00(土日-16:00まで)

045-914-7666

WEBからのご予約

WEBからのご予約なら、時間を気にせず
24時間・365日、お気軽にご予約いただけます。