Archive for the ‘記事一覧’ Category

”便潜血陰性”にご用心!

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

こんばんは、院長の平島です。

開院してから1ヶ月が経過しましたが、1ヶ月ですでに5人の”大腸がん”が見つかっております。幸いな事に、5人の方全員が”早期の大腸がん”であったため、全員「日帰り内視鏡手術」で完治しております。もっとも大きい方では、3cm以上もある巨大早期大腸がんが見つかりましたが、内視鏡手術で対応して、日帰り手術で完治しております。このように、内視鏡技術の発達した今現在、”早期の食道・胃・大腸がん”であれば、内視鏡手術で完治してしまいます。これが、進行してから見つかった場合、外科的な開腹手術を行い、さらに転移が疑われるような場合には、抗がん剤の追加治療となってしまい、ますますつらい治療となってしまいます。

注意しないといけないことは、”早期大腸がん”が見つかった5人中4人が他院で”便潜血陰性”であったことです。便潜血陰性ではない1人の方は便潜血の検査を行っていません(当クリニックでは便潜血検査は横浜市大腸がん検診以外、まず行う事はありません)。便潜血が陽性で大腸がんが見つかる人は、かなり進行した大腸がんであることがほとんどだと言われています。ほとんどの大腸ポリープや早期大腸がんでは、便潜血は陽性にはなりません。大腸がんがかなり進行して、便が通るスペースが無くなるぐらい大きくなって初めて「便潜血陽性」となることが多いので、注意が必要です!便潜血検査が「陰性」だからと言って「大腸がんがない」とか「大腸ポリープがない」とは決して決して言えないので、本当に注意して欲しいと思います。

当クリニックで大腸がんが見つかった1人の方は、驚くことに、他院で「便潜血検査が陰性だから、絶対に大腸がんではない」と言われたそうですが、心配になり当クリニックを受診し、大腸検査をしてみたら大腸がんが見つかりました。幸いなことに、早期大腸がんであったため、日帰り内視鏡手術で完治しましたので、患者さんと手を取り合って喜びました。大腸検査を”便潜血検査だけ”で済ませているドクターがまだまだ多くいることに驚きを感じていますし、自分の施設で出来ない検査はあまり勧めないというドクターも多いので、要注意です。

今週の水曜日は3ヶ月ぶりに仕事はせずにのんびり過ごしました。久しぶりに大好きな湘南の方まで足を伸ばしました。

湘南の風に吹かれながら海を眺めていると、元気100倍になり明日への活力となります

 

自然食品cafe

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

こんにちわ!kokuaです。

秋は、美味しいものがたくさん出てくる季節ですね。

私は、友達と二子玉川ランチに行ってきました。
二子玉川にある自然食品のcafe「Deli&Cafe Natural Crew」です☆
http://www.natural-crew.com/

こちらでは、玄米ご飯&味噌汁、お惣菜のプレートをいただきました!
いろいろな素材を少しずつ楽しめて、とっても美味しかったです。

素材のいいものをたくさん食べて、体の中からリフレッシュ!された感じがしました。
こちらのcafeでは、自然食品の購入もできます。

是非、ご興味ある方は行ってみて下さい♪
こだわりの食材&玄米がいただけますよ。

チームワーク!

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

 こんにちは♪いちです(^^)/~~~

毎日、寒いのか~暑いのか~服装も悩みますが……難しい季節です。

でも~なんと言っても食欲の秋(^^♪、美味しい食べ物がたくさん♫。素敵な季節です♥

「季節のものを美味しくいただく!」

私の大好きな言葉です。(しかし体重増加に注意警報が…)

クリニックの勤務をはじめて…40日が過ぎ、ますますスタッフの優しさに感謝する日々です。

その中でも、最近感じたこと、それは・・・チームワーク!

患者さまが来院して、受付ではじまり~~お帰りになるまで、その一連の流れをいかにスムーズに患者さまに気持ちよく過ごしていただくかを大切にしています。

一人一人のスタッフが患者さまのために…はもちろん、でも、一人のできることには限界があります(体は1つですから)。そんな中、発揮するのが、チームワークです。

私自身も、このチームワークにいつも助けられています。

一人が担う仕事が多くても、お互いに気づき助け合うことで無駄が減り、時間が短縮できたり、スタッフ同士の息を合わせること「あうんの呼吸」でより良い成果が得られたり…(あまり具体的な説明でなく申し訳ありません…)です。

まさに、「Team Dr. 平島!」です。

いつものんびりしている私は、スピィーディーな動きが苦手で…まだまだチームのスピィードにのれていませんが、スタッフの優しさに助けられ、何とかチームの一員として頑張っています。

皆さん、クリニックスタッフのチームワークをぜひ見に来てください!

高濃度ビタミンC点滴と漢方薬

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

こんばんは、院長の平島です。

一昨日、喉が少し痛くなり、風邪の引き始めでした。私は元々扁桃腺が大きく、風邪を引くときは必ず喉が痛くなる傾向にあります。7月から開院準備のため休みなく働いてきたので、さすがに疲れが貯まっているのかと思いますが、まだまだ頑張らないといけないと思い、高濃度ビタミンC点滴を行いました。

最近忙しくて、高濃度ビタミンC点滴を行う時間がなく、風邪気味になってしまい、自己管理の甘さに反省しております。親友の山田信太郎に「”忙しい”と”時間がない”は働く男のNGワード」といつも言われていますので、怒られてしまいますね。

診療終了後に高濃度ビタミンCにマルチビタミン・ミネラルを追加した点滴を行いましたが、やはり効果抜群でした。翌日には喉の痛みもなくなり、昔なら高熱が出てノックダウンの状態ですが、すっかり体調は回復しました。私は、風邪の最後は必ず声がかれる傾向にありますが、今回もやはり声がかれています。今後は、いつものように月に2回の高濃度ビタミンC+マルチビタミン・ミネラル混合点滴を行っていかねばと思った次第です。

それと、風邪の引き始めにすごく効果を発揮するのが漢方薬です。漢方薬で風邪の際に処方するものが5種類ほどありますが、それぞれの人の体質で合う漢方薬が違います。専門用語でいうとそれぞれの人の「証」に合わせて処方するのですが、合う漢方薬をドクターに処方してもらうと風邪の引き始めにものすごく効果を発揮します。一気に汗をかいて、良くなることが多いです。西洋薬の風邪薬は眠くなりますしね。ちなみに私に合う風邪用の漢方薬は「麻黄湯」です。

高濃度ビタミンC点滴をしながら、カルテ整理をしています。

不老長寿の実

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

おはようございます。イソザキです。
10月に入り、朝晩は寒くなってきましたね。
空気も乾燥し、風邪を引きやすい季節になりますので、
体調管理には十分お気を付け下さい。

私は、朝食にその季節のフルーツを食べるようにしています。
実りの秋!旬のフルーツが豊富で嬉しい季節です。
その中でも今私がはまっているのが「いちじく」です。
イチジクは「不老長寿の果物」と言われるほど、栄養価が高いそう。
女性には嬉しい美肌食材としても有名で、
代謝をアップさせる栄養分が豊富に含まれています。
カリウムは体内の塩分を排出しようとする利尿作用があり、
むくみの改善に。
ペクチンは胃腸の消化吸収を助けるので、血のめぐりが良くなり美肌に効果的です。
また、食物繊維は不溶性・水溶性ともに豊富に含まれるため、
便秘改善にも期待出来ます。

イチジクは漢字で「無花果」と書きますが、花がないわけではなそうです。
食べると独特の食感がある、実の中に詰まっている赤い粒粒が花なんですって。
あの小さな粒が花だったなんて、驚きの発見でした!
イチジクの優しい甘さとあの粒粒の食感が私は気に入っています。

先日、お散歩をしていたらイチジク農園を発見しました。
やはり、取れたてのイチジクは新鮮で
とても美味しかったです。

夜7時まで診療を行っています。

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

スタッフブログもひとまわりし、またキタザキが担当させていただきます。

最近は秋も深まってまいりました。

『秋の日はつるべ落とし』

日の落ちるのも早まり、すべての診療を終え
私達スタッフが帰路につく頃にはもう真っ暗です。

当クリニックでは、平日の月木金は夜7時まで診療を行っております。
お仕事帰り、具合が悪くてもなかなか病院へ行く事が出来ない皆様、
是非ご利用ください。

この光を求めて、最近秋の子虫もやってきます。
耳を澄ませば虫の鳴き声もいつの間にか秋でした。

30歳を過ぎたら胃.大腸内視鏡検査を‼

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

こんにちは,初めまして。“Miho”と申します。
当クリニックでは『縁の下の力持ち』として(かなり微力なのですが…)クリニックのお手伝いをしております。

みなさんは日本人の2人に1人が「がん」になり3人に1人が「がん」で亡くなっている事をご存知でしょうか?
そんな現在、みなさんは胃.大腸内視鏡検査をされていますでしょうか?
先日私は腹痛があり、胃内視鏡検査を院長先生にしていただきました。
検査結果は特に異常は無く良かったのですが、今から7.8年前私は30歳を機に受けた胃.大腸内視鏡検査で、直腸に“カルチノイド”という腫瘍が見つかりました。
これは「がん」の一つで、大きさが9mm以下であれば内視鏡的な切除で完治する事が多いそうですが、10mmを超えてくるとリンパ節転移や肝転移をおこしやすくなるそうです。
その時検査をしていただいたのも平島院長で、私の腫瘍はまだ小さかったので大事には至らなかったのですが(小さいが故「発見されない」「見落とされてしまう」可能性もあったようですが)、平島院長の丁寧で確かな検査により腫瘍が発見され,その場で内視鏡で切除してもらい,私は“命拾い”したのです!と大げさかもしれませが、私的にはかなりショッキングな出来事でした。

平島院長にはこれまで4回ほど胃.大腸内視鏡検査をしていただいています。
今も昔も変わらないのは、平島院長の内視鏡検査は「こんなにもキツくなく楽なものなのか!」という事です。
他の病院で受けた私の人生初の胃.大腸内視鏡検査は最悪なものでした。
何度となく「おえ、おえっ」となりながらとてもキツく苦しいものでした。
その経験があったので、その2度目の検査もかなりためらいがあったのですが、その時院長先生は救命救急病院に勤務しており、かなりのキャリアを積んでおられましたのでお願いしました。

それで、検査が終わり…平島院長の検査はあっという間で、苦しくない所かむしろ気持ちが良かったのです!と言うと何だかおかしな感じですが…

それから今回で4回目の平島院長による胃内視鏡検査。(今回は時間の都合により胃の検査のみでした。)
「楽で苦痛のない内視鏡検査」により、検査終了後ベットの上で目覚めた私は、「ん?今から検査⁉あれ?もう終わったの⁉」と今回もまたいつものように思ったのであります。

早期の胃がん.食道がん.大腸がんはほとんど症状がでることはなく、自覚症状が現れた時には腫瘍はとても大きく、外科的手術が必要となる場合が多いそうです。
私も自らの体験を踏まえ、今では定期的に胃.大腸内視鏡検査を受けております。
みなさんも“健康で楽しい人生”が送れるよう、当クリニックで「楽で苦痛のない内視鏡検査」を体験してみませんか?

開院1ヶ月

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

こんにちは スタッフブログの6番手担当「kero」です。

私も”いち”さんと同じく、本日ブログデビューです。
慣れないパソコン操作に苦戦して、このブログを書くのに何日かかっていることか・・・

初めての事なので、お見苦しい点が多々あると思いますがお許しください。

私のブログネーム「kero」ですが、『カエル』の色(きみどり色)&『カエル』グッズが好きという単純な理由でブログネームにしてしまいました。
気がつくと、身のまわりの物がきみどり色or『カエル』グッズになってしまい家族から「またその色⁈」
と言われてしまうことが・・・

 

9月1日に開院して早いもので1か月が経ちます。

皆さんに心地よく診察&検査を受けていただけるクリニックを目指して私なりに頑張ってきた1か月でしたが、私の頑張りなんて他のスタッフの頑張りに比べたらまだまだです。スタッフ達の向上心&努力には頭が下がります。健康について勉強したり、内視鏡検査について勉強したり、体に良い食べ物について勉強したり、etc.

私も皆を見習って、更に努力し日々進歩していかなければと反省しています。

 

スタッフ皆で力を合わせて(私は皆に助けられていますが…)心地よいクリニックにして行く努力をしています。これからまだまだ進化して行く私たちに期待してください。

食は日本の文化

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

こんばんわ、院長の平島です。
今日、水産会社を経営している親友の山田信太郎と岡田賢二の魚市場調査に同行しました。
当然ですが、私たちと見る視点が全く違っていて、違う世界の一面を見ることができました。

スーパーの魚陳列棚には”上段”と”下段”があり、目線の高さの上段よりも、目を下に落として商品を見る”下段”の方が売り上げが多いのだそうです。”下段の商品”だけで、全売り上げの約半分を占めるとのことです。

普段何気なく見ていた商品ですが、プロの目から見ると、全く違った見方をしていました。よく見ると、加工したお魚に甘みを付けるために、ほとんどの商品に甘味料である「ステビア」が入っているのには驚かされました。「ステビア」は国の様々な研究で安全上問題ないものとされていますが、発がんの問題もあり国際的には使用禁止されている国も多いです。

香港ではステビアは”がん”や他の健康に関する問題に関係があると指摘されており、甘味料として承認されておらず、使用許可が出ていません。シンガポールでもステビアが含まれている日本製の食品が販売禁止になっています。

 ステビアはEUやアメリカでも発がん性や生殖器への影響などの恐れがあると安全性が疑問視され、食品添加物としての使用を許可されていません。パラグアイ原産で、南米では16世紀頃から甘味料として使われていました。砂糖の約300倍の甘味度を示すといわれています。

 日本では、チクロなど発ガン性が問題となった合成甘味料に代わる天然甘味料として1970年代から北海道や九州で栽培が始められました。乾燥した葉から甘味成分を抽出し、漬物、珍味、水産練製品、醤油、菓子パン、つくだ煮、缶詰、清涼飲料水などで利用されています。甘味度が高いのに、砂糖の90分の1という低カロリーであることで人気があり、「ステビア」という名前の清涼飲料水もあるほどです。

 国が食品添加物として認可しているから安全性には問題ないと考えがちですが、ステビアは国際的にはまだ承認は得られていません。

中国で加工されている商品も多数あることに驚きましたし、商品を並べて見ると、作る水産会社によって商品の出来が全く違っていました。安い物はそれなりのものだと、あらためて認識させられました。

Team Dr.平島   鎌倉にあらわる

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

みなさま初めまして! Nice to meet you! Nice te rencontrer! Nett, dich zu treffen!

スタッフブログ5番手、最終兵器の『M.I.T』です。

『M.I.T』=ミッション.イン.トラベル

旅行好きな私は、毎回その土地のからだに優しい食材や名産物を食す旅をしているのでこのブログネームにしました。

 

今回のミッションは【鎌倉】です。

江の島+夕日を撮ってみました。この日は台風が近づいているにもかかわらず波も穏やかでした。写真には写っておりませんが、心なしかサーファーたちも寂しげ(?)に見えたのは気のせいでしょうか?

食事は地元で採れた鎌倉の有機野菜や魚をおいしくいただきました。野菜はとてもみずみずしく、野菜本来の味が出ていたように思います。       あまりの美味しさに写真を撮ろうと思いましたが…

鎌倉に行ったメインの目的は行ってみたいお店があったからです。そこは無農薬の食材を取り扱っていて、お茶とお菓子をいただいてきました。詳しい情報を知りたい方は、是非クリニックまでお越しください!!

 

当クリニックでは内視鏡検査が終わった後お飲み物とお茶菓子をご用意し、おくつろぎの時間を過ごしていただいております。お飲み物はカフェインが入っていないもの、お茶菓子は有機野菜などの厳選された食材で作られたものでどちらもからだに優しいものです。お飲み物もお茶菓子も数種類のうちからお選びいただけます。

 

これからもからだに優しいものを食べる旅を続けブログにアップしていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

本日も一日みなさまにとって幸ありますように!!!

 

 

 

点滴しちゃいました

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

はじめまして!ブログ4番手「kokua」です。私もブログネームにしてみました。
kokua(コクア)は、ハワイ語で「助ける」「助け合い」という意味があり、私の大好きな言葉です☆

急に寒くなってきましたが、皆さん体調はいかがですか?
私は先日、久しぶりに風邪をこじらせてしまい、点滴になってしまいました。熱や痛みには強い方の私ですが、さすがに今回はダウン。。。
朝の忙しい時間にもかかわらず先生とスタッフが私のために点滴を用意してくれました。
そして、なんとか仕事終了!それと同時に気が抜けたのか、またしても具合が悪くなり、本日2度目の点滴。

忙しい一日が終わり、皆疲れているのに私のために点滴をしてくれたり、帰りのタクシーを呼んでくれたりと、その一生懸命な先生とスタッフの後姿と皆の優しさがとっても温かくて涙が出てしまいました。それと同時にこのクリニックの一員になれて本当に良かった!っと、実感しました。

仲間っていいですね。

人って人に助けられますね。

それを実感できるって幸せなことですね。

優しくて温かくて相談のしやすい先生&スタッフなので、何か不安なことや体について心配事があればいつでも相談に来てくださいね。

そして今回、私は、高濃度ビタミンC点滴もしてもらったのですが、もともと美容のためにとっても興味のあったビタミン点滴ですが初めて体験してみて、美容だけではなく体調の回復にもとっても効果があることを実体験しました。

2日連続でビタミン点滴をしてもらって、普段回復にとても時間のかかる私ですが、点滴後は元気になるのが驚くほど早かったです。
更に美容面ではお肌が白くなり、体調が悪くてあまり食べられなかった私ですがお肌の調子はいつもよりきめ細かくて調子いい!と、鏡を見てビックリしました。
毎日、ビタミンを内服している私ですが、点滴はやっぱり違います!これは、体験する価値ありですよ!是非体験していただいて、ビタミン点滴の良さを一緒にお話したいです♪

当院では、写真のようにベッドをソファーにし、お茶を飲みながらゆっくり点滴していただけます。
(私はこのとき体調悪くてぐったり気味ですが・・・。)

ビタミンC点滴は、美容だけではなく体の様々なことにとっても効果的なので是非体験していただきたいと思います!

風邪が流行ってくる時期になってきましたので、皆様も体調を崩さないように気をつけてくださいね。
風邪の引き始めには、ビタミンC点滴を!
※高濃度ビタミンC点滴の前には、必ず血液検査が必要になりますのでご興味のある方は、是非一度相談にいらしてください。

ホームページ公開しました

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

こんばんわ、院長の平島です。

ようやく、ホームページの1次公開を致しました。患者さんからの問い合わせが多数あり、公開が遅れたことで大変ご迷惑をおかけしました。ホームページの作成がこんなにも大変だとは思いませんでした。ホームページの内容や構成は全て自分で考えましたので、莫大な時間がかかってしまいました。

このブログを書いているときもそうですし、ホームページの文章を考えているときも、「日本語ってこんなにも難しいものだったのか」と実感します。クリニックのホームページ作成では、大抵はホームページ業者さんに大まかな内容まで作成してもらうそうですが、細かなニュアンスや真実の医療をお伝えしたい気持ちが強く、一言一句全て自分で考えて作成しました。まだ80%の完成ですが(Q&Aなどが見れません、ごめんなさい)、来週中には全ての修正や公開ができると思います。

8月7日のブログで、私が飼っている豆柴”くるみ”が体調不良であることを書きましたが、体調は万全に回復してきました。今日の朝、あざみ野ペットクリニックに行って採血をしてきましたが、CRPという炎症の程度を調べる数字が前回の14から0.05(基準値は0.3以下)に改善していました。食欲もありすぎで、前回より1.5キロも太ってしまいました。前回は食欲が全くなく、やせこけていましたので、うれしい限りです。

体調は万全です!

感謝の気持ち

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

はじめまして。スタッフブログ、3番手の“いち”と申します。(私の座右の銘、「一期一会」からブログネームとしていただきました(^^♪。)

クリニックがオープンして3週間が過ぎ、勤務している中で…

院長、スタッフに助けていただきながら、がんばっています(^o^)/。

毎日学びの日々ですが…、採血のとき、内視鏡検査の後など…患者様と接していて、「私…この仕事好きだな♪」って、人との出会いを大切にしたいと感じました。このクリニックで仕事ができることに感謝です!

患者様の不安が解消されたときの笑顔だったり、「ありがとう!」のお礼だったり…。

覚えることもたくさんありますが、患者様に「安心」、「リラックス」していただける看護援助をしていきたいと思います。

勤務していて…人以外に感謝した「もの」があります。それは…

内視鏡検査で使用するベッドが、とてもいいんです!

患者様にやさしく、スタッフにもやさしい、ステキ♥なつくりになっています。

電動(充電可)で、上下に動くのはもちろん、検査の後、少しウトウト(*_*)zzz…でも、ベッドに乗ったまま移動できるので歩かなくてよく、検査後はベッドがリクライニングできるので、座った姿勢で過ごすことができます。(枕は座った姿勢にしても滑り落ちることがないように工夫されています!)クッションもよく、色は落ち着きのある淡い黄色で、機能的にもデザイン的にも優れものです。安全、安楽に休憩していただくことができます。

また、ベッド柵が4ヶ所ついていて(座ると、肘掛にもなります!)、スタッフも安心してスムーズに移動させることができ、腕力もいらないので私の体にもやさしいです。点滴棒を取り付けることができ、水拭きもできて衛生的です。

本当にステキ♥なベッドです。

このベッドのおかげで、私は患者様に「安心」、「リラックス」を(^^)v。

上記のように、上手な文章は書けずφ(..)…お恥ずかしいですが、このブログで、私の感謝の気持ちを伝えていけたら…と思います。今後ともよろしくお願いいたしますm(__)m。

スピードトレーニング

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

院長の平島です。

開院前の7月からほとんど休みなく準備してきましたが、昨日は久々の休日でしたので、勉強会に出席してきました。18日の夜と19日の2日間の日程の勉強会でしたので、診療を休まずに参加出来ることもあり、ベストな日程でした。

「抗加齢医学の実際」という勉強会でした。明日の医療現場にすぐに役立つような内容であり、今話題の放射線被曝の事や、最新のアンチエイジング医療のことが中心でした。そのなかでもやはり、高濃度ビタミンC点滴のアンチエイジングや放射線内部被曝、がん治療への有用性が盛んに言われていました。

アンチエイジングとは「見た目の若さももちろん重要ですが、内臓年齢や筋肉年齢をできるだけ若く・健康的に保ち、老いに抵抗するのではなく、健康的ないい年の取り方をしていこう」というのが考えの根底にあります。人間は生まれた瞬間から、もっと言うと受精卵の段階から加齢が始まっています。どうせ生きるなら、健康的で良い加齢を重ねていきたいものですね。

特別講演でプロ野球選手の個人トレーナーとして有名なケビン山崎氏のお話がありました。元プロ野球選手の清原選手の個人トレーナーだった事で有名になりましたが、今年のプロ野球キャンプでは日本ハムの中田翔選手の個人トレーナーをしたことで話題になりました。中田選手はやはり、今までのプロ野球選手にはない、野球センスと野球選手としてのセクシーさがあるそうです。

ケビン山崎氏は「スピードトレーニング」が非常に大切だと話しておりました。「スピードトレーニング」とは1つ以上の筋肉を脳から指令を出して一つずつ順番に動かしていくトレーニングだそうです。アンチエイジングに役立つ運動とは、神経回路向上のための運動だと言い換えてもいいと思います。とにかく、ゆっくりと少しの負荷でいいので、週に2回下半身を中心としたジョギングなどのトレーニングを行い、低脂肪・低炭水化物・高タンパクの食事に気を付ける事が重要だと話していました。

いつもの全身黒のスーツにサングラス、帽子姿のケビン山崎氏です。

 

 

 

 

 

 

 

筋肉を意識しながらの運動、意外に難しそうでした。とにかく意識しながら運動することがアンチエイジングの運動には大切です。

 

 

 

 

 

 

 

勉強会の会場はがんセンターのすぐ近くでした。懐かしのがんセンターをパチリ。それにしても巨大な建物です。

初体験いろいろ

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

はじめまして!

スタッフブログ第二弾。今回はイソザキが担当します。

今どき!?かなりアナログな私にとってブログを書くのは初体験。

先生から「スタッフの皆にもブログを書いてもらうので書く事を探しておくようにね」と

言われていたのに、何を書くかを考えるだけで四苦八苦でした。

8月初旬、お仕事の契約にクリニックを訪れた際、先生から名刺を頂きました。

名刺というと白地に表面には会社名と氏名、裏面にはその英語バージョン。

頂いてもあまりインパクトがないのが一般的だと思うのですが、

先生の名刺は綺麗な薄黄色。似顔絵付き。

両面に先生の思いが書かれていて、この様な思いの込められた名刺を頂いたのは初めてでした。

初診の患者さんとお会いした際に、

先生は名刺をお渡ししているので内容はもちろんですが、可愛らしい先生の似顔絵も見てみて下さいね。

先生は似顔絵に忠実にこのスタイルで診療されています。

スタッフも名刺を作成する事になり、

先生から「お渡しした方に興味を持って頂き、印象に残るような意味のある名刺にしよう」と

提案がありました。

「自分の事を知っていただく名刺」の構成を考える作業も初めての経験でした。

そして似顔絵も描いてもらう事に。

上半身アップの写真を3枚用意するように言われましたが、

なかなか上半身アップの写真はなく、慌てて撮影しました。

どんな風に描いて欲しいか、要望も伝えられるという事だったので、

笑顔で可愛く、若干目を大きく描いて欲しいなど、

誰だか分からなくなってしまうかしら・・・と思いつつリクエストしてみました。

自分の似顔絵を描いてもらうのも初体験。

どんな出来上がりになるか、楽しみでもあり、正直ちょっと不安でもありました。

似顔絵は描く方のタイプによってかなり違いがあるようで、

とても強調的にリアルに描く方もいれば、優しいタッチで描く方もいるそうです。

今回、先生が依頼されたのは後者のタイプだったので、

皆、可愛く描かれていました。

ちなみに私はこんな感じに描いていただきました。

リクエスト通りの仕上がりに大満足です。

先生・スタッフ共に左胸に名札をつけているのですが、

そちらにも似顔絵が描かれていますので、ぜひ見てみて下さい。

この様なクリニックでのちょっとした出来事や

先生から教えていただく体や健康に関する正しい情報、

体に優しい食べ物の事など、

少しずつブログの中でお伝え出来たらと思っています。