胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

内視鏡検査

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME  >  

苦しくない無痛内視鏡検査(胃カメラ)の特徴

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

経験豊富な内視鏡技術と軽い鎮静剤の組み合わせにより「苦しくない無痛内視鏡検査」を安全に行います
一人ひとりにあった量の軽い鎮静剤を調合し、検査前に注射を行います。実際はウトウトするぐらいの軽い鎮静剤の量ですが、熟練した内視鏡技術と丁寧な内視鏡操作で、ほとんどの方が検査中の事をあまり覚えていないか、なんとなくの記憶がある程度だったとおっしゃります。検査後に声を掛けると、「もう検査終わったの?」や「今から検査?」や「こんな苦しくない検査は初めてです」という声を耳にします。
「ゲーゲーなるような苦しい内視鏡検査は検査ではない」のポリシーのもと多くの工夫を施しながら「楽で、苦痛のない内視鏡検査」に徹底的にこだわっております。
ハイビジョン&拡大内視鏡により高精度で正確な診断を徹底的に追求しています

がんセンターや大学病院と同等の最先端内視鏡診断機器を導入し、高精度な内視鏡診断を追求しています。特殊染色NBI(narrow band imaging)といわれる特殊光を用いて、通常の内視鏡では見つけにくい小さな病変でも見落とさずに診断することが可能となります。
さらに、病変を100倍に拡大することができる拡大内視鏡を導入しておりますので、NBIとの組み合わせで、粘膜の微小な血管や腫瘍の模様を強調してより詳しく観察し、早期がんの診断や病変の悪性度の診断を行っております。

  • 見つかりにくい小さめの大腸ポリープです。見つかりにくい小さめの大腸ポリープです。
  • 上の写真の大腸ポリープ表面を拡大内視鏡で100倍に拡大したところです。100倍に拡大することによって、将来悪性化するポリープかどうか瞬時に判断し、その場で同時に日帰り内視鏡ポリープ切除を行うことができます。上の写真の大腸ポリープ表面を拡大内視鏡で100倍に拡大したところです。
    100倍に拡大することによって、将来悪性化するポリープかどうか瞬時に判断し、その場で同時に日帰り内視鏡ポリープ切除を行うことができます。
  • 比較的大きめの大腸ポリープです。比較的大きめの大腸ポリープです。
  • 上の写真の大腸ポリープ表面を拡大内視鏡で100倍に拡大して、NBIと呼ばれる特殊な光で、表面の血管の走行を観察していきます。血管の走行と表面の模様を総合的に判断して、将来がん化するポリープかどうか判別していきます。上の写真の大腸ポリープ表面を拡大内視鏡で100倍に拡大して、NBIと呼ばれる特殊な光で、表面の血管の走行を観察していきます。血管の走行と表面の模様を総合的に判断して、将来がん化するポリープかどうか判別していきます。
病変を映し出すハイビジョンモニターにもこだわりをもって導入しています

早期がんを発見するための内視鏡スコープが高精度なことは大前提ですが、それを映し出すハイビジョンモニターにもこだわっています。内視鏡専用モニターとしては現時点で世界最大サイズのハイビジョンモニターを導入しました。そのモニターをドイツ製の「天吊りアーム」で天井から吊り下げており、どの角度にもどの位置にも移動可能となっていますので、ハイビジョン映像での高精度な内視鏡診断が可能となります。

世界最大サイズのハイビジョンモニター世界最大サイズのハイビジョンモニターで詳細な観察を行います。右側に見えているモニターが通常、大学病院やクリニックなどで使用されているサイズのモニターです。

内視鏡検査の際に、その場で大腸ポリープ切除を行う日帰り内視鏡ポリープ切除を行っております

大腸ポリープを発見した際に、組織検査だけ行い、後日改めて下剤を飲み直しポリープ切除を行ったり、入院してポリープ切除を行っている施設がありますが、当クリニックでは患者さんの肉体的・金銭的・時間的負担を考慮して検査と同日の日帰り内視鏡ポリープ切除を行っております。

  • 拡大内視鏡で切除すべきと判断したポリープをスネアと呼ばれる電気メスで内視鏡的に切除します。拡大内視鏡で切除すべきと判断したポリープをスネアと呼ばれる電気メスで内視鏡的に切除します。
  • 電気メスで完全に切除されました。電気メスで完全に切除されました。
  • クリップと呼ばれる機器で傷口を縫って、閉じていきます。クリップと呼ばれる機器で傷口を縫って、閉じていきます。
胃内視鏡検査と大腸内視鏡検査を同日に続けて行うことができます

何かと忙しい患者さんの時間的負担や症状などを考慮して、必要に応じて胃カメラと大腸内視鏡検査を同日に続けて行う事ができます。 検査時間も両方併せて20~30分程度ですので、肉体的負担になることもありません。 何より通院のために何度も通う手間が少なくなります。

※大腸内視鏡検査は検査前に下剤を飲んで頂き、腸の中の便を出して空っぽの状態にしてからの検査になります。
前日の簡単な食事制限もありますので、検査2日前までに一度診察に来て頂き、下剤のお渡しおよび前日の食事制限のご説明を致します。 いきなりの来院で胃カメラと大腸内視鏡検査を同日に受けて頂くことはできませんので、一度検査前に診察にお越し下さい。
※胃カメラのみであれば当日絶食にしていただければ、当日検査前診察してからの当日検査が可能です。
大腸検査前に飲む下剤の量を、患者さんそれぞれの体の特性に合わせて、できるだけ少ない量で済む工夫をしております
大部分の医療機関では大腸検査前に飲む洗腸剤の量は2㍑から3㍑と決まっていますが、当クリニックでは、それぞれの体の特性に合わせて極力少ない洗腸剤内服量で済むように様々な工夫を施しております。洗腸剤の味にもこだわり、最も飲みやすく、洗浄力の高い物をこだわって選定しております。洗腸剤の量や内視鏡検査時の細かな各人の記録を最新の電子カルテに記録し、継続的な内視鏡検査の際に役立つように最大限の配慮を行っております。
内視鏡検査は、経験豊富な内視鏡専門医の院長が責任を持って全て自ら行います
内視鏡検査はいくら写真をとって記録に残すとはいえ、その場での見た 目や早期のがんを見つける内視鏡診断能力が大変重要となってきます。内視鏡検査の技量には皆様が想像しているよりも遙かに大きな技術差があるのが現実です。大病院での医師の毎年の転勤などにより検査する内視鏡医が毎年変わる事は、内視鏡検査における責任の所在が曖昧になる事となり、責任のある安心した内視鏡検査とは言えないと考えております。
大腸内視鏡検査後のお腹の張りをなくすために、「炭酸ガス送気システム」を導入しています

通常の大腸内視鏡検査では”空気”を入れて大腸を膨らませて観察を行いますが、”空気”は非常に吸収されにくく、検査後にお腹の張りを訴える方が多くいます。

当クリニックでは、がんセンターでも導入している、空気よりも約200倍吸収の早い炭酸ガスを使用した当クリニックでは、がんセンターでも導入している、空気よりも約200倍吸収の早い炭酸ガスを使用した”炭酸ガス送気システム”を取り入れ、検査後のお腹の張りをなくす工夫をしております。

内視鏡スコープの洗浄・消毒そして洗浄履歴のフルデジタル管理

胃・大腸内視鏡検査自体の検査精度や苦しさのないことは大変重要ではありますが、それと同様に大切になってくるのが内視鏡スコープの洗浄・消毒そして洗浄履歴のフルデジタル管理です。

内視鏡スコープの洗浄・消毒そして洗浄履歴のフルデジタル管理 「いつ」「だれが」「どの内視鏡スコープを」「どの洗浄機で」「洗浄液の濃度は適切だったか」などがいつでも一目瞭然に確認できるシステムを導入しております。
内視鏡スコープの洗浄・消毒そして洗浄履歴のフルデジタル管理

世界中・日本全国から来院される方が増えてきており、そのほとんどがかかりつけ患者さんの紹介となっております

世界中・日本全国から来院される方が増えてきており、そのほとんどがかかりつけ患者さんの紹介となっております。

内視鏡スコープの洗浄・消毒そして洗浄履歴のフルデジタル管理 アメリカからスペイン、ブラジルまで世界中・北は北海道から南は鹿児島まで日本全国から内視鏡検査を受けに来られる方が年々増加しております。そのほとんどはかかりつけ患者さんのご家族やご友人、職場の方と紹介による受診となっております。医療関係者の受診が多いのも大きな特徴です。来院者様地域別MAP

内視鏡検査後に専用のハイビジョン画像ファイリングシステムで実際に内視鏡画像を見ながら、丁寧な説明を行います

内視鏡検査後の結果説明を、実際に検査を行っていない別の医師が行う医療機関が多くありますが、当クリニックでは検査中に撮影したハイビジョン画像を、内視鏡検査を行った医師自らが1枚ずつ丁寧に説明を行います。

最新鋭の画像ファイリングシステムに内視鏡センターからの内視鏡画像が瞬時に転送され、ハイビジョン画像を詳細に映し出します。最新鋭の画像ファイリングシステムにたまプラーザ横浜内視鏡センターからの内視鏡画像が瞬時に転送され、ハイビジョン画像を詳細に映し出します。

お電話でのご予約はこちら TEL:045-914-7666 【受付】平日:9:00~19:00(火14:00まで、土日16:00まで)

ネットからのご予約はこちら

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療、 休診日/水曜・祝日

月・木・金の10時から16時、火の10時から13時、土・日の10時から14時は主に内視鏡検査・治療をおこなっておりますので 基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ