胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

内視鏡検査

院長平島が実際に胃・大腸内視鏡検査受けました I received the actual inspection

私は19歳の時に、急性虫垂炎とそれに伴う腹膜炎になってしまい、外科的手術を受けました。そのため腸が癒着(腸が腹膜などにくっついてしまい、腸の動きに制限がかかる状態)している可能性が高いのではと常々思っていました。腸に癒着があるためか、過去に2回程大腸内視鏡検査を総合病院や内視鏡専門クリニックで行ってもらいましたが、大腸の一番奥までカメラが挿入できずに、大腸内視鏡検査を途中で断念している状態が続いていました。
今回、早期胃がん、大腸がん・大腸ポリープの早期発見が第1目標ですが、まだ見ぬ大腸の一番奥に到達できるかということで、副院長に胃と大腸の内視鏡検査を行ってもらいました。
以下のポイントを踏まえて、動画で見て頂ければと思います。

POINT

  • 胃カメラや大腸内視鏡検査の流れや検査中の様子は
    どのような感じなのか?
  • 大腸内視鏡検査の際に内視鏡を最後まで挿入できたのか?
  • 食道がん・胃がん、ピロリ菌は発見されたのか?
  • 大腸ポリープや大腸がんは見つかったのか?
動画を再生

18歳の時に自らの精神的な弱さのため勉強から逃避し、大学受験という大きな壁に完全に打ち負けてしまいました。受験失敗後に「このままだと一生負け犬のまま終わってしまう」と自覚し、その当時の自分としては精一杯の一大決心をして、勉強に集中するため、そして勉強に集中できる環境に身を置くために故郷大分県から離れ、縁もゆかりもない広島県に単身乗り込みました。高校時代の友人などからの連絡を完全にシャットアウトするために寮(ベッドと机とユニットバスのみの2畳間ぐらいの大きさの部屋でした)に入り、「受験」と「弱い自分の心」に打ち勝つべく孤独で長い道のりの浪人生活を送ることとなりました。
この浪人生時代の大学入試センター試験が終わった直後の1月下旬早朝に右下腹部の激痛で目が覚めました。
寮の部屋で一人で苦しんでいましたが、どうにもこうにも我慢できなくなり近くのクリニックを受診しましたが、
精密検査が必要ということで広島市民病院に虫垂炎の疑いで搬送されました。

採血や腹部CTなどを行い、急性虫垂炎での右下腹部痛との診断となりましたが、医学部の2次試験を控えていましたので、抗生物質の点滴と内服で炎症を抑えてもらい、なんとか1泊入院だけで退院し、外科的手術を回避してもらいました
(世間一般で言われている「ちらしてもらった」ということです)。

その後は、痛みも出現することなく医学部の2次試験を無事に受けることができましたが、佐賀大学医学部の受験が終わり、帰りのバスの中で再度右下腹部の激痛がおそってきました。それからは痛みに耐えきれず、大分の実家の近くの医院で虫垂切除の外科的手術を受けました。虫垂の炎症がひどく、虫垂が穿孔(虫垂が炎症で穴があく状態)しており、腹膜炎になっていたとのことでした。
そのため腸が癒着しており、大腸内視鏡検査が難しいのではないかと常々思っていました。

24時間365日ご予約可能なインターネット予約

インターネットのご予約

お電話からのご予約はこちら

045-914-7666