胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

内視鏡検査

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME  >  

大腸の疾患

食道・胃・十二指腸・大腸の疾患について

十二指腸の疾患

十二指腸の正常観察画像

  • 虫垂部
  • 右下腹部にあり、盲腸の端から細長く飛び出している部分。
  • 盲腸部
  • 小腸から続く大腸の始まりの部分
  • 上行結腸
  • 盲腸部から続く大腸の右側の部分。
  • 横行結腸
  • 上行結腸から続き、腹部を横切り、下行結腸につながる部分。
  • 下行結腸
  • 横行結腸から続く大腸の左側の部分。
  • S状結腸
  • 下行結腸から続く大腸のSの字のように曲がりくねった部分。
  • 直腸
  • S状結腸から続き、直線的に肛門につながる部分。
  • 肛門
  • 直腸から続く、消化管の出口部分。
  1. 虫垂部

    盲腸部まで内視鏡を挿入
    して、虫垂開口部から観察
    を行っていきます。

  2. 盲腸部

    小腸と大腸の境目である
    バウヒン弁を含む盲腸部を
    観察していきます。

  3. 上行結腸

    ヒダの深さが特徴の上行
    結腸の観察を行っていき
    ます。

  4. 横行結腸

    三角形のようなヒダが特徴
    の横行結腸を観察していき
    ます。

  5. 下行結腸

    洗浄液の残液がたまること
    が多い下行結腸の観察時は
    十分に残液を吸引します。

  6. S状結腸

    英語の「S」の字のように
    クネクネしたS状結腸の観察
    をヒダとヒダの間もくまなく
    丁寧に観察していきます。

  7. 直腸

    肛門から入ってすぐの直腸
    の観察を行います。

  8. 肛門

    最後に痔などの確認を行う
    ために肛門の観察を行い
    終了です。

早期大腸がん 進行大腸がん 直腸カルチノイド 大腸腺腫 大腸憩室症 直腸潰瘍 大腸脂肪腫 大腸メラノーシス 潰瘍性大腸炎

早期大腸がん

大腸がんや大腸ポリープは自覚症状が出ない代表的な疾患であり、定期的な内視鏡検査を行っていれば、早期に発見でき、内視鏡での早期治療が可能となり、早期大腸がんはきちんと検査をしていれば命を落とすことのない代表的な「がん」と言われています。大腸がんは年々かかる人の割合や亡くなる人の割合が激増している「がん」でありますが、定期的な内視鏡検査を行っていれば、予防できる「がん」のひとつであると言えますので、定期的な内視鏡検査がより重要となってきます。
現在、女性ではがん死亡原因の第1位男性では第3位となっており、東京オリンピック開催の2020年には男女ともがん死因の第1位になると推察されているぐらい激増しています。大腸がんは大腸腺腫と呼ばれる大腸ポリープが進展して、できると言われていますので、大腸がんになる前の大腸ポリープの段階で切除することができれば、大腸がんを予防することができ、「究極のがん予防」と言えます。会社の健康診断などで行っている「便潜血検査」などでは早期の大腸がんや大腸ポリープの有無は全く分かりませんので、正しい大腸内視鏡検査を定期的にきちんと受けることが、早期発見・早期治療には大変重要かつ大切な事と言えます。

症例1
  • 早期大腸がん
  • 早期大腸がんの内視鏡画像です。
    このように大腸ポリープが大きくなり、大腸がんに進展しても、がんの深さ(深達度)が深くまで進展していなければ内視鏡で切除することができ、内視鏡治療で完全に切除することが可能となります。
  • 早期大腸がん
  • 上記の早期大腸がんを切除してクリップで縫縮した内視鏡画像です。
    内視鏡治療後に出血しないように、クリップと呼ばれる装置で傷口を縫っていき、術後出血を予防します。
症例2
  • 早期大腸がん
  • 内視鏡で切除可能な早期大腸がんの内視鏡画像です。
    大腸がんへと進展していても、早期に発見できれば外科的手術ではなく、内視鏡的粘膜切除術にて切除することが可能ですので、早期発見・早期治療がより大切になります。
  • 早期大腸がん
  • 特殊染色であるインジゴカルミンを散布することにより、早期大腸がんの境界がよりはっきり認識することができます。
  • 早期大腸がん
  • 早期大腸がんを内視鏡的粘膜切除術にて切除するために、生理食塩水を粘膜下層に注入して、より安全に確実に切除することが可能となります。
  • 早期大腸がん
  • スネアと呼ばれる電気メスを用いて、早期大腸がんを慎重に切開していきます。
  • 早期大腸がん
  • 電気メスにて切除した切開面の内視鏡画像です。
    きちんと切除されていることを100倍拡大内視鏡で確認します。
  • 早期胃がん
  • 切除した早期大腸がんが大きい場合は回収ネットと呼ばれる回収するための器具を用いて、病変を顕微鏡で詳細に精査するために回収していきます。

進行大腸がん

大腸がんの大きな特徴としては、かなり大きな進行大腸がんになっても、便の通るスペースがある限りは、腹痛や便通異常・血便などの症状は、まず出ない点にあります。大腸がんは体の構造上や血管走行により、肝臓や肺に転移しやすいとされていますので、自覚症状のないうちに大腸がんがかなり大きくなって初めて、リンパ節転移や肝臓・肺への転移で発見される事も多いとされていますので注意が必要です。
大腸がんが近年急増している大きな原因の一つとしては、食生活の欧米化が挙げられます。牛乳・チーズ・ヨーグルトなどの動物性脂肪を多く含む乳製品の摂取量の増大や、牛肉などの赤身肉の過剰摂取などにより、我が国では欧米諸国以上に大腸がんが急増しています。大腸がんは肥満などのメタボリックシンドロームの方が罹患するリスクが明らかに多いとされており、遺伝とともに、生活習慣病の代表的な疾患として認識されています。乳がんや前立腺がんと共に食事などの生活習慣により激増している「がん」の一つとして早期発見・早期治療がより重要になっている「がん」の代表と言われていますので、注意が必要です。

  • 進行大腸がん
  • 進行大腸がんの内視鏡画像です。
    このぐらい進行して、大腸がんが大きくなっても、大腸を塞ぐぐらい大きくなっていなければ、便潜血などで引っかかることはまずないので、便潜血検査だけ行って勝手に安心していることは大変危険な行為だと思われます。

直腸カルチノイド

直腸カルチノイドは比較的まれな消化管腫瘍の一つで、大きさが10mmを超えてくると、リンパ節転移や肝転移を起こしやすくなります。カルチは「がん」ノイドは「類」という意味、つまり「もどき」という言葉であり、直訳すれば、「がんもどき」ということになります。9mm以下であればリンパ節転移や肝転移を起こすことは稀であり、内視鏡的な切除で完治するため、良性の腫瘍ということになります。かたや、10mmを超えてくると肝転移やリンパ節転移を起こしやすくなり、「がん」としての性質を帯びてきます。
部位別にみると、カルチノイド全体では約70%が胃や大腸などの消化管にみられ圧倒的に多く、次いで肺や気管支などの呼吸器系が約20%を占めると報告されています。肺のカルチノイドは特に発見が遅れる傾向にあり、「節約術」などで有名であった経済評論家の方が若くして亡くなられた疾患でもあります。消化管の中では直腸・結腸が約40%胃が約25%十二指腸約15% の順に発生頻度が高いとされており、内視鏡検査をきちんと受けていれば早期に発見される部位でもあり、早期発見・早期治療がより大切だと言えます。

  • 直腸カルチノイド
  • 直腸カルチノイドの内視鏡画像です。
    白色調の4mmの小隆起として観察されます。
    内視鏡画像からカルチノイドと判断して内視鏡的に切除していきます。
  • 直腸カルチノイド
  • 生理食塩水を粘膜下に注入してカルチノイドを膨隆させて、切除しやすくします。
  • 直腸カルチノイド
  • 高周波電気メスで切除した内視鏡画像です。
    きれいに切除されており、出血のないことが確認できます。
  • 直腸カルチノイド
  • クリップできちんと傷口を閉じていきます。
    後出血の予防のため傷口を縫縮(閉じる)します。

大腸腺腫

大腸がんは大部分が大腸腺腫と呼ばれる大腸ポリープが大きくなり、進行することによりできてくるとされています。
大腸ポリープがある程度以上の大きさになってくると「がん」を含んでいる可能性が出てきます。
大腸ポリープができても自覚症状が出ることはまずないため、本人の知らない間に大きくなっていき、「がん」へと進展してしまうと考えられています。近年、我が国では大腸がんによる死亡数が急増している背景があり、これは自覚症状のない代表的な「がん」の一つであることが、大きな要因となっています。2020年頃には死亡数と発生率の第1位になると推察されており、自覚症状のない「がん」の代表であり、注意が必要です。
逆に、大腸がんになる前の大腸腺腫の段階で内視鏡的に切除できれば大腸がんになることを未然に防ぐことができると考えられ、「究極のがん予防」とも言えます。大腸腺腫の約7割が肛門から入ってすぐの直腸とS状結腸にできるとされています。
大腸がんの出来やすい部位も同様に直腸とS状結腸が7割を占めますので、「大腸腺腫」から「大腸がん」に進展する可能性が高いことを示していると思われます。

  • 大腸腺腫
  • 大腸腺腫の内視鏡画像です。
    上行結腸というヒダの深い腸にポリープがあったため、通常観察では見にくく、大腸内視鏡検査での特殊操作である「反転操作」を行うことにより、病変の全体像を捉える事が可能となります。
  • 大腸腺腫
  • インジゴカルミン特殊染色での拡大内視鏡画像です。
    インジゴカルミン特殊染色を行い、さらに100倍拡大観察を行うことにより、大腸ポリープ表面の細かな粘膜模様を確認することができ、大腸がんになる前段階の大腸腺腫と判断することが可能となります。
  • 大腸腺腫
  • 内視鏡的粘膜切除術の内視鏡画像です。
    100倍拡大内視鏡観察で大腸腺腫と診断し、内視鏡で切除できると判断し、病変が大きい場合は電気メスを使用して内視鏡的粘膜切除術を行って
    いきます。

大腸憩室症

大腸憩室とは腸管の内壁の一部分が外側に向かって袋状に飛び出したものです。
大腸内視鏡検査時に腸管の内側から見ると「くぼみ」のようになっています。憩室の数は人それぞれ様々であり、発生頻度は年齢とともに増加しますが、大腸内視鏡検査を行うと約10%の頻度で発見されると言われています。以前は欧米人に多く、日本人には頻度の少ない疾患でしたが、最近は増加傾向にあります。乳製品や肉類の過剰摂取などによる食習慣の欧米化、その中でも特に食物繊維の摂取量の減少と密接な関係にあると様々な研究から分かってきています。以前の日本人では盲腸部や上行結腸などの右側結腸に多く、欧米人ではS状結腸などの左側結腸に多いという特徴がありましたが、食習慣の欧米化などに伴い、日本人でもS状結腸などの左側結腸の憩室が増加傾向にあると言われています。
通常は無症状ですが、細菌感染などにより憩室に炎症をおこすと「憩室炎」と呼ばれる状態となり、腹部の激痛の原因となることがあります。また、憩室内から出血することがあり、下血の原因となることもあります。大腸憩室をできにくくする対策としては、野菜などの食物線維の多い食事の摂取に努め、動物性脂肪の多く含まれる乳製品や肉類の過剰摂取を控えるように心がけ、便秘をしないよう排便コントロールをきちんと気をつける事も重要です。憩室の数が多くなったり、憩室炎を繰り返していると、腸管の内腔が狭くて硬くなり、周囲との癒着を生じて、便やガスの通過が悪くなることもあり、腹部の膨満感や不快感が生じたりすることもあり注意が必要です。また、大腸憩室がある方はかなりの確率で大腸ポリープができると言われています。
これは、乳製品や肉類の過剰摂取などによる食習慣食物線維の摂取量の少なさと大腸ポリープができることに密接な関係があるとされているからです。大腸憩室がある方は、大腸がんの原因である大腸ポリープができやすいという認識を持って定期的な大腸内視鏡検査を受けられることをお勧め致します。

  • 大腸憩室症
  • 大腸憩室の内視鏡画像です。
    腸管の内側から見ると「くぼみ」のように観察されます。
  • 大腸憩室症
  • 大腸憩室の1個を拡大した内視鏡画像です。
    このように憩室は深くなり、便が憩室の内腔につまってしまい、憩室炎を起こす可能性も出てきます。

腸潰瘍

直腸下部に認められることが多い、境界の明瞭な潰瘍性病変です。自覚症状がないことがほとんどですが、稀に潰瘍からの出血に伴う下血で発見されることがあります。原因がはっきり分からないことが多いのも特徴です。

  • 腸潰瘍
  • 直腸潰瘍の内視鏡画像です。
    表面が白苔(白っぽい部分)に覆われています。

大腸脂肪腫

消化管の脂肪腫は比較的稀な疾患とされており、消化管腫瘍のうちの約3%程度と報告されています。消化管の部位別では、大腸、小腸、胃の順で多く、大腸では、盲腸部や上行結腸などの大腸の始まりである右側結腸に多く、小腸においては回腸に多いとされています。脂肪腫のほとんどが無症状であり、大腸内視鏡検査の際に偶然見つかることが多いですが、サイズの増大に伴って腹痛などの症状が出てくることもあります。大部分が良性の腫瘍であるため、症状のない小さいサイズのものは経過観察で良いとされています。

  • 大腸脂肪腫
  • 大腸脂肪腫の内視鏡画像です。
    黄色調の表面のツルッとした粘膜が特徴的です。

大腸メラノーシス

便秘傾向の方がコーラックやスルーラックなどの市販の便秘薬を長期にわたって使用することによって腸の粘膜にメラニンが沈着して、腸の粘膜が真っ黒くなってしまった状態が大腸メラノーシスです。大腸メラノーシスは下剤の長期内服による副作用ですが、目に見える部分でもなく、自覚症状があるわけでもないので、大腸内視鏡検査を行って初めて、大腸メラノーシスになっていることが分かることがほとんどです。大腸メラノーシスになると腸の働きが悪くなり、大腸の神経が鈍くなることにより、便秘がますます悪化していき、内服する下剤の量がそれに合わせて増えていくようになります。「大腸ポリープが見つけやすくなるから、悪いことではないよ」というドクターの声を稀に耳にしますが、下剤の量がどんどん増えていき、ついには下剤では排便が困難となる状況となってしまい、苦しんでいる患者さんが数多くいることを考えると、とんでもない発言だと思われます。
自然の成分であり、体に優しいと思っている「アロエ」「センナ」も同様の下剤ですので、長期に摂取していると大腸メラノーシスの状態になってしまうことには注意が必要です。また、漢方薬に含まれている「大黄(ダイオウ)」という成分も同様に下剤の成分でありますので、体に良いからと処方されて服用していた漢方薬で知らず知らずのうちに大腸メラノーシスになってしまっていたということも数多く目にします。ダイエット目的の薬品などには大部分が下剤の成分が含まれていますので、箱の後ろなどに記載されている成分表などをよく見てから服用するようにした方が良いと思われます。

  • 大腸メラノーシス
  • 大腸メラノーシスの内視鏡画像です。
    下記の正常の内視鏡画像と比較すると大腸粘膜の真っ黒な状態が一目瞭然で分かります。腸の働きがますます悪くなり、便秘が悪化していくことが多いと言われています。
  • 大腸メラノーシス
  • 正常な大腸の内視鏡画像です。
    大腸の粘膜は薄いため、血管がきれいに透けて見えるのが良い大腸の証拠です。肌色のピンクがかった粘膜をしています。

潰瘍性大腸炎

大腸の粘膜に「びらん」「潰瘍」ができる炎症性の大腸疾患です。
頻回な下痢下血腹痛などが代表的な症状として挙げられます。我が国の潰瘍性大腸炎の患者数は約11万人と言われており、アメリカの患者数約100万人と比較すると10分の1程度とされていますが、年間約8000人もの人が新たに発症すると言われており、最近増加する傾向にあります。原因は、はっきりと分かっておらず、国の難病疾患である「特定疾患」に指定されています。
様々な研究などから、潰瘍性大腸炎の原因として、腸内細菌の関与や本来は外敵から身を守るための体の免疫機構が正常に機能しない「自己免疫反応の異常」、あるいは乳製品や肉類などを過剰に摂取するようになった食生活の欧米化などの関与が考えられていますが、はっきりとした原因は現在のところ不明とされています。
下痢や下血などの自覚症状があった場合に潰瘍性大腸炎を疑って大腸内視鏡検査を行い、実際に腸の粘膜を観察することにより発見されることが大部分ですが、一部、炎症の程度の軽い場合は症状が出ることがなく、たまたま大腸内視鏡検査を行うことにより発見されることもあります。

  • 潰瘍性大腸炎
  • 潰瘍性大腸炎の内視鏡画像です。
    「びらん」「潰瘍」が混在した腸の粘膜となっています。腸の炎症のため、大腸粘膜が厚くなり、本来なら透けて見えるはずの血管が見えなくなっています。下記の正常大腸粘膜と比較すると血管が透けて見えなくなっていることが認識できます。
  • 潰瘍性大腸炎
  • 正常な大腸の内視鏡画像です。
    大腸の粘膜は非常に薄いため、血管が透けて見えるのが正常な大腸粘膜となります。

お電話でのご予約はこちら TEL:045-914-7666 【受付】平日:9:00~19:00(火14:00まで、土日16:00まで)

ネットからのご予約はこちら

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療、 休診日/水曜・祝日

月・木・金の10時から16時、火の10時から13時、土・日の10時から14時は主に内視鏡検査・治療をおこなっておりますので 基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ