胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

内視鏡検査

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME  >  

食道・胃・十二指腸・大腸の疾患について

食道・胃・十二指腸・大腸の疾患について

食道・咽頭の疾患

咽頭・食道の正常画像

咽頭・食道の正常画像
  • 口から挿入するとまず、舌が左側に見えてきます。

    舌の先には口蓋垂という、通称「のどちんこ」と呼ばれる部位が見えてきます。

  • 口蓋垂の先は咽頭と呼ばれる領域に入ってきます。

    喉頭蓋を過ぎると声帯の先に続く気管支と食道の境目の部位に到達します。

  • 梨状窩という食道の入り口から入った上部食道です。

    気管支の走行が確認できる中部食道に入ってきます。

  • 食道から胃の中に入っていく下部食道です。

    内視鏡抜去時の帰り道では、光源をNBI(狭帯域光観察)に切り換えて詳細に観察していきます。

  • 内視鏡を口の方に抜去しながら、中部食道をNBIで観察していきます。

    上部食道まで戻ってきました。

  • 声帯のある喉頭部のNBI観察です。

    喉頭蓋が下部に見える咽頭部のNBI観察です。

  • 口蓋垂のNBI観察になります。

    左側に舌が見えるところまでNBIで観察していき、内視鏡を口から抜去して観察終了となります。

進行がん

食道は食べ物の通り道ですので、食べ物が通らなくなるぐらい食道がんが大きくなって初めて「食べ物が詰まったような感じがする」という自覚症状が出てきます。食道には胃や大腸に存在する「漿膜(しょうまく)」という外側の膜が構造上ありません。
そのため、食道がんは他の臓器と比べて早い段階からリンパ節などの他臓器に転移しやすいという大きな特徴がありますので、内視鏡での早期発見・早期治療がよりいっそう重要となってきます。

  • 進行がん
  • 進行食道がんの内視鏡画像です。
    このような大きさになっても食べ物が通過するスペースがあれば症状がないことが多いため、知らないうちに病変がどんどん大きくなり、他臓器への転移が始まります。症状が出てからの進行食道がんで見つかると外科的手術や抗がん剤治療・放射線治療となり、命に関わる事態となってしまいます。やはり、内視鏡での早期発見・早期治療が大切であることが良く理解できると思われます。

逆流性食道炎・食道裂孔ヘルニア

胃酸や食べ物が胃から食道に逆流することによって引き起こされる食道の炎症です。
前胸部が熱く焼けるように感じる「胸やけ」という症状が多いですが、胃のあたりの痛みや胸の不快感などの症状となって現れることもあります。前胸部痛や心臓あたりの痛みとして症状がでることもあり、「心臓の病気ではないか?」と思うような症状が出たり、逆流した胃酸などが喉(のど)や肺への通り道である気管支まで逆流することによって、咳や喉の違和感として症状が出ることもあります。自己診断による「勘違い」が多いのも逆流性食道炎の大きな特徴であり、長引く咳や喉の違和感から、風邪や呼吸器疾患だと判断してしまっている方も多く目にします。原因の多くは、肥満や加齢によって食道と胃の境目の筋肉が緩むことによって胃が食道の方向に飛び出してしまう「食道裂孔ヘルニア」食道・胃の動きの低下(蠕動運動の低下)によると言われていますが、一番の原因は肥満などのメタボリック症候群によって引き起こされる胃と食道の境目の筋肉の緩みと考えられています。食道への胃酸などの逆流が持続すると、その刺激で炎症が長期にわたって続き、食道腺がんを引き起こす原因にもなってきますので、注意が必要です。

  • 逆流性食道炎・食道裂孔ヘルニア
  • 逆流性食道炎の内視鏡画像です。
    「赤くただれた」線状の炎症として観察されます。
  • 逆流性食道炎・食道裂孔ヘルニア
  • 食道裂孔ヘルニアの内視鏡画像です。
    下記の正常な食道画像と比較すると食道と胃の境目の筋肉のゆるみが一目瞭然で分かります。この筋肉のゆるみによりできた隙間から胃酸や食べ物などが食道に逆流してしまい、「胸やけ」などの様々な症状が出現してしまいます。
  • 逆流性食道炎・食道裂孔ヘルニア
  • 正常な食道粘膜の内視鏡画像です。
    食道と胃の境目の筋肉はゆるむことなく、引き締まっています。
    このような状態であると、「胸やけ」などの症状が出ることは、ほとんどないと思われます。

食道乳頭炎

食道や咽頭(のど)に時々みられる良性の腫瘍です。白色の小隆起として観察されます。

  • 食道乳頭炎
  • 食道乳頭腫の内視鏡画像です。
    白色の小隆起として認識できます。
  • 食道乳頭炎
  • 拡大内視鏡で100倍ズームを行った食道乳頭腫の内視鏡画像です。
    毛細血管の走行などから乳頭腫であることが認識できます。
  • 食道乳頭炎
  • NBI(狭帯域光観察)での食道乳頭腫の内視鏡画像です。
    通常の内視鏡画像よりも病変の境界がはっきりと認識できるようになります。
  • 食道乳頭炎
  • 拡大内視鏡で100倍ズームを行った食道乳頭腫の内視鏡画像です。
    通常画像よりもより一層毛細血管の走行がはっきり認識できるようになります。

食道メラノーシス

食道の基底層のメラニン顆粒が著しく増加することによって、食道の粘膜が黒色に変化するものをメラノーシスと言います。
内視鏡検査による発見頻度は約0.1%程度と珍しい病変だと言われています。

  • 食道メラノーシス
  • 食道メラノーシスの内視鏡画像です。
    凹凸を伴わないものであれば内視鏡による経過観察を行っていきます。

食道静脈瘤

C型肝炎などが原因で肝硬変という状態に肝臓が至ってしまうと、肝臓が硬くなり、肝臓の血流が悪くなり、肝臓内の血液が食道や胃の静脈へと流れ込んでくるようになります。このようにして形成された静脈の異常な膨らみが食道静脈瘤です。
食道静脈瘤は肝硬変が悪化するに従って、膨らみが次第に大きくなり、破裂してしまう可能性も出てきます。
破裂してしまうと生命の危険にさらされてしまう可能性が高くなりますので、事前の内視鏡での治療が有効となります。内視鏡の先端にゴムのついた専用のフードを装着することによって食道静脈瘤をゴムで縛っていく内視鏡治療が主流となっています。
破裂する前に内視鏡で発見しての早期治療が大変重要となってきます。

  • 食道静脈瘤
  • 食道静脈瘤の内視鏡画像です。
    静脈が異常に膨らみをもち、怒張しているのが一目瞭然です。
    破裂寸前の食道静脈瘤ですので、内視鏡での治療が必要となります。
    下記の正常食道粘膜と比較すると静脈の異常な怒張が一目瞭然で分かります。
  • 食道静脈瘤
  • 正常の食道粘膜の内視鏡画像です。
    静脈の怒張もなく、毛細血管の走行がはっきりと認識できます。

食道粘膜下腫瘍

食道がんは食道表面の粘膜から発生しますが、それ以外の層からできる腫瘍を粘膜下腫瘍と言い、大部分が良性腫瘍です。
食道粘膜下腫瘍においての割合が多いのは平滑筋腫や血管腫という良性腫瘍であり、食べ物の通過障害などの症状を起こさないような場合は経過観察でよいのですが、腫瘍が大きくなり通過障害を起こしたり、悪性リンパ腫やGISTといわれる悪性腫瘍が疑われる場合には手術が必要となることもあります。粘膜下腫瘍の大きさや形を定期的な内視鏡検査できちんと経過観察していくことが重要となります。

  • 食道粘膜下腫瘍
  • 食道粘膜下腫瘍の内視鏡画像です。10mm程度の大きさであり、
    鉗子を使っての腫瘍の動き(可動性)が良好なことから、良性腫瘍である
    ことが認識でき、定期的な内視鏡検査で大きさや形状を経過観察して
    いきます。
  • 食道粘膜下腫瘍
  • 食道粘膜下腫瘍のNBI(狭帯域光観察)画像です。

食道異物

薬を包装ごと誤って飲むことによって、食道に詰まってしまうことがあります。誤って飲んだ物が鋭利なものだった場合には食道に穴が開いてしまう可能性もあり、早急な異物除去の必要があります。

  • 食道異物
  • 食道異物の内視鏡画像です。
    薬を包装ごと誤って飲んでしまったとのことです。毎日服用する薬ですので、なにげに包装ごと服用してしまうことが時としてあると思われます。
  • 食道異物
  • 異物除去を行っている内視鏡画像です。
    把持鉗子(はじかんし)と呼ばれる器具を内視鏡先端から出すことによって誤って飲んだ薬をしっかり掴み、慎重に取り出してきます。

咽頭乳頭腫

食道にできることが多い乳頭腫ですが、咽頭(のど)にも時々認められることがあります。
大部分が良性の腫瘍ですが、大きさや形の変化がないかの定期的な内視鏡検査での経過観察が大切です。

  • 咽頭乳頭腫
  • 咽頭乳頭腫の内視鏡画像です。
    白色隆起として認識できます。

咽頭メラノーシス

咽頭(のど)の基底層のメラニン顆粒が著しく増加することによって、咽頭の粘膜が黒色に変化するものをメラノーシスと言います。
喫煙との関連性も指摘されており、食道がんや咽頭・喉頭がんとの関連もあると言われていますので、注意が必要です。

  • 咽頭メラノーシス
  • 咽頭メラノーシスの内視鏡画像です。
    斑状の黒色粘膜として認識できます。
  • 咽頭メラノーシス
  • 拡大内視鏡で100倍ズームを行った咽頭メラノーシスの内視鏡画像です。
    黒色に変化した粘膜の状態がよりはっきりと認識できます。
  • 咽頭メラノーシス
  • 拡大内視鏡で100倍ズームを行ったNBI(狭帯域光観察)内視鏡画像です。

お電話でのご予約はこちら TEL:045-914-7666 【受付】平日:9:00~19:00(火14:00まで、土日16:00まで)

ネットからのご予約はこちら

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療、 休診日/水曜・祝日

月・木・金の10時から16時、火の10時から13時、土・日の10時から14時は主に内視鏡検査・治療をおこなっておりますので 基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ