gototop

たまプラーザ南口胃腸内科クリニックブログ

Clinic Blog

メインビジュアル

適度な絶食は必要!?

2022年05月03日

  • 院長ブログ

こんにちは、平島です。

GWも残り少なくなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。

私は、やり残っている仕事をしたり、新しい知識を得るために本を読んだりと、楽しく普段できない仕事をしています。

YouTubeの

内視鏡チャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCV2G7uXFvBq6XYrM5TDgfNA

の撮影もしないといけないので、今回は初めて

屋外

で撮影してみました。

風の影響で音声が屋内に比べてやや聞こえにくいように感じましたが、1時間半ぐらいの時間を使って3本撮りして、まとまった撮影をしました。

普段の診療の際に聞かれる質問などを中心に題材を決めていきますが、思いつきで内容が大きく変わっていくことも多いです。

今週の5月7日土曜日にアップする動画は初の屋外撮影で

沖縄

で撮影しました。

まだ季節的に湿気が少ない気候なので気持ちよく撮影できました。

ところで

患者さんにお勧めしている

プチ断食

ですが、

睡眠時間を利用

して最大時間断食することをお勧めしています。

私は仕事がある日は

22時前まで仕事があり、

そのあとに22時頃からプールで泳いでいる

ので、

夕食は食べないことが多い

です。

13時頃に診療の合間に

3分程度

で昼食を食べるので、

翌朝8時の朝食まで

19時間ぐらい絶食の状態を作る

ことが多いです。

これは、慣れないと結構辛いので、

20時ごろに夕食を済ませて、そこから朝8時まで水分以外に何も食べないと

12時間の絶食

になります。

これは、

睡眠時間を利用しての絶食時間を長時間確保する

当たり前の様で、意外と知られていない断食の方法です。

時々は朝ご飯も抜くと

16時間ぐらいの断食

が可能です。

診療が休みの日には普通通り夕食も摂ったり、お酒も飲んだりしていますので、食事はバランスですね。

メリハリをつけて、仕事の時は手綱を閉めて、休みの日はだらけた食事をするといった

メリハリ

が大事ですね。

では、今週も頑張っていきましょう!

この記事を書いた人

平島 徹朗 医師

平島 徹朗

医師

国立佐賀大学医学部 卒業。 大分大学医学部附属病院消化器内科、国立がん研究センター中央病院内視鏡部など、 多くの病院・内視鏡専門クリニックで消化器内視鏡診断・治療を習得後、2011年たまプラーザ南口胃腸内科クリニック開院。

アーカイブ

お電話からの予約はこちら

受付 9:00〜19:00(土日-16:00まで)

045-914-7666

WEBからのご予約

WEBからのご予約なら、時間を気にせず
24時間・365日、お気軽にご予約いただけます。