gototop

内視鏡チャンネル

Movie Channel

メインビジュアル

胃がん・大腸がんの早期発見は内視鏡治療が可能!定期的に内視鏡検査は重要です!

胃がんや食道がん、大腸がんは神経がないのでまず症状が出ません。

症状がもし出たとしたらかなり進行していることが多いため、 胃がん・大腸がん・食道がんは早く発見できれば、内視鏡で治療が可能です。外科的に手術をしてしまうと胃がなくなったり腸がなくなったりなど、その後の生活にかなり影響が出てきます。 早期段階で内視鏡治療で切除できると胃や大腸がそのまま残るので、生活に支障が残りません。

症状がないうちに内視鏡検査を定期的に受けることで、がんの早期発見に繋がります。むしろ胃カメラ・大腸カメラを受けないで症状だけで判断していると取り返しのつかないことになる場合があります。

早期発見ができる楽な胃・大腸内視鏡検査があるので、ぜひ内視鏡検査を定期的に受けることをお勧めします。

この記事を書いた人

平島 徹朗 医師

平島 徹朗

医師

国立佐賀大学医学部 卒業。 大分大学医学部附属病院消化器内科、国立がん研究センター中央病院内視鏡部など、 多くの病院・内視鏡専門クリニックで消化器内視鏡診断・治療を習得後、2011年たまプラーザ南口胃腸内科クリニック開院。

お電話からの予約はこちら

受付 9:00〜19:00(土日-16:00まで)

045-914-7666

WEBからのご予約

WEBからのご予約なら、時間を気にせず
24時間・365日、お気軽にご予約いただけます。