gototop

内視鏡チャンネル

Movie Channel

メインビジュアル

がんで亡くなる女性の死因で1番多いのは大腸がんって本当!?

がんで亡くなる女性の死亡原因で1番多いのは大腸がん!?

国立がん研究センターによると2019年にがんで死亡した人は376,425人(男性220,339人、女性156,086人)となっています。

2019年の死亡数が多い部位は順に…

男性 1位 肺 2位 胃 3位 大腸 4位 膵臓 5位 肝臓

女性 1位 大腸 2位 肺 3位 肝臓 4位 胃 5位 乳房

どの部位のがん死亡が多いか~年齢による変化

男性では、40歳以上で消化器系のがん(胃、大腸、肝臓)の死亡が多くを占めるが、70歳代以上ではその割合はやや減少し、肺がんと前立腺がんの割合が増加する。

女性では、40歳代では乳がん、子宮がん、卵巣がんの死亡が多くを占めるが、高齢になるほどその割合は減少し、消化器系(胃、大腸、肝臓)と肺がんの割合が増加する。 ※人口動態統計による全国がん死亡データ

大腸がんの究極の予防はポリープの切除です。 40歳を過ぎたらぜひ内視鏡検査を受けましょう!

この記事を書いた人

平島 徹朗 医師

平島 徹朗

医師

国立佐賀大学医学部 卒業。 大分大学医学部附属病院消化器内科、国立がん研究センター中央病院内視鏡部など、 多くの病院・内視鏡専門クリニックで消化器内視鏡診断・治療を習得後、2011年たまプラーザ南口胃腸内科クリニック開院。

お電話からの予約はこちら

受付 9:00〜19:00(土日-16:00まで)

045-914-7666

WEBからのご予約

WEBからのご予約なら、時間を気にせず
24時間・365日、お気軽にご予約いただけます。