gototop

内視鏡チャンネル

Movie Channel

メインビジュアル

正常値って正しいの!? 健康診断で気になる!! 善玉コレステロール(HDL) 悪玉コレステロール(LDL)って何?

善玉コレステロールの数値は元々高い人は高く、低い人は低いです。

どうやって増やすかというと、運動でしか善玉コテステロールは増えません。 善玉コレステロールは高ければ高いほど、脳梗塞・心筋梗塞などの血管の病気を起こしにくいと言われています。

低い人でも諦める必要はなく、一日15分程度の軽いウォーキングで善玉コレステロールを増やすことが可能です。数値が50mg/dlまで上昇すると血管が強くなり脳梗塞・心筋梗塞を起こしにくくなります。

悪玉コレステロールは全ての細胞の膜を作る材料になります。あまり高いからと言って、薬で数値を下げすぎると、細胞の活性を妨げる恐れがあります。

基準値が180-200mg/dl以上あると血管の動脈硬化に影響してくるので、一時的に薬を使い下げることがあります。しかし150-160mg/dlぐらいで薬を飲むのは個人的にはやりすぎかと思います。

特に女性はホルモンの関係で悪玉コレステロールが年齢を重ねるにつれ増加する傾向にあります。そこを薬で無理矢理下げるというのは得策ではないでしょう。

この記事を書いた人

平島 徹朗 医師

平島 徹朗

医師

国立佐賀大学医学部 卒業。 大分大学医学部附属病院消化器内科、国立がん研究センター中央病院内視鏡部など、 多くの病院・内視鏡専門クリニックで消化器内視鏡診断・治療を習得後、2011年たまプラーザ南口胃腸内科クリニック開院。

お電話からの予約はこちら

受付 9:00〜19:00(土日-16:00まで)

045-914-7666

WEBからのご予約

WEBからのご予約なら、時間を気にせず
24時間・365日、お気軽にご予約いただけます。