たまプラーザ南口胃腸内科クリニック

紫外線の季節

こんばんは、sakamoです。

1年でもっとも紫外線の多い季節がじわじわと迫っております。
暖かい春の陽気に外へ繰り出したくなり、うっかり紫外線を浴びてしまいがちですね。
外出時はUVケアが大事になってきますが、紫外線をたくさん浴びてしまった時は、きちんと対策をしたいと思って少し勉強してみました。
①まずは、とにかく冷やす。冷やすことでメラニン色素の発動を最小限に抑え、肌へのダメージ軽減になるとのことです。
②次に、ビタミンA・E・C、ポリフェノールなどの抗酸化物質が高い植物を肌に塗ったり、摂取する。肌や体内で生じる活性酸素を無害にすることが目的です。
③最後に、睡眠不足に注意する。
とのことでした!

どうしても紫外線は避けられないので、うまく付き合っていけたらなと思います。
さっそく、、ビタミンCたっぷりのキウイジュースを摂取です!