gototop

おすすめ内視鏡豆知識

Endoscopist Doctor's Knowledge

メインビジュアル

早期胃がんを発見するために努力しています

  • 内視鏡について
  • 胃内視鏡検査

苦しくない内視鏡検査で胃がんの早期発見を!!

当クリニックでは鎮静剤を使うことにより、つらくない、苦しくない内視鏡検査を目指しています。
また、最新鋭の内視鏡機器を使用することにより画像がより鮮明になり、早期がんの発見が可能になります。
最新鋭の内視鏡機器と適切な鎮静剤を熟練した内視鏡医が用いることで、世界最高水準のつらくない内視鏡検査を受けることができます。

★こんなに小さくても胃癌です★

症例

50歳代 女性

当院で毎年胃カメラを受けている方です。
今年も定期検診として胃カメラを受けました。
胃体下部にやや褪色調の領域(周囲に比べて白っぽいところ)を認めました。
生検で「胃がん」と診断されました。
早期に発見できたため、他院で内視鏡治療を行い完治となりました。

症例

60歳代 男性

ピロリ菌除菌後の定期検査です。当院では初回の内視鏡検査でした。
胃体中部にわずかな陥凹(へこみ)を伴う発赤を認めました。
生検で、「胃がん」と診断されました。
他院で内視鏡治療を行い、「粘膜内がん」という早期胃がんでした。
早期発見のため、内視鏡治療のみで完治しました。

50歳代 女性の胃内視鏡画像です

60歳代 男性の胃内視鏡画像です

定期的に胃カメラを受けることにより、これらのような早期胃がんを見つけることができます。ぜひ、定期的に胃カメラを受けましょう。

お電話からの予約はこちら

受付 9:00〜19:00(土日-16:00まで)

045-914-7666

WEBからのご予約

WEBからのご予約なら、時間を気にせず
24時間・365日、お気軽にご予約いただけます。