gototop

おすすめ内視鏡豆知識

Endoscopist Doctor's Knowledge

メインビジュアル

内視鏡検査は「苦しく」ありませんか?

  • 内視鏡について

「つらくない」「苦しくない」「痛くない」内視鏡検査を目指して、様々な工夫をしています!!

当クリニックでは患者さんに何度も内視鏡検査を受けていただきたいので、「つらくない」「苦しくない」「痛くない」内視鏡検査を目指しています。

多くの患者さんが胃・大腸内視鏡検査に対して、「つらい」「苦しい」「痛い」というイメージや感想を持たれているため検査を敬遠しがちです。

当クリニックではそのイメージを払拭するため様々な工夫をしています。
鎮静剤を使用し、「うとうと」眠っている間に検査を行います。おなかの違和感の軽減、「げっ」となる咽頭反射の軽減などに有効です。
おなかを膨らませるときに空気の代わりに二酸化炭素を用います。内視鏡検査ではおなかを膨らます必要がありますが、検査後おなかの張りが早期に軽減して楽になります。

当クリニックでは、大腸検査前に飲む洗腸剤(下剤)の味にもこだわっており、様々な種類の洗腸剤のなかでも最も飲みやすい物を使用しております。それぞれの患者さんの特性に合わせて調整し、極力少ない量で済むように様々な工夫をしております。
それぞれの患者さんの詳細を電子カルテに記載することにより、患者さんに一番適した鎮静剤の種類や量、洗腸剤の種類や量を調整しています。

今まで内視鏡検査を敬遠していた方は、ぜひ当クリニックで内視鏡検査を受けてみてください。

お電話からの予約はこちら

受付 9:00〜19:00(土日-16:00まで)

045-914-7666

WEBからのご予約

WEBからのご予約なら、時間を気にせず
24時間・365日、お気軽にご予約いただけます。