gototop

おすすめ内視鏡豆知識

Endoscopist Doctor's Knowledge

メインビジュアル

胃がん、大腸がんに自覚症状はありますか?

  • 疾患・症例

「自覚症状がないから、大丈夫!!」と思っていませんか?

過信は禁物です。内視鏡検査を受けましょう。

日本人の死亡原因の1位を占める「がん」。
その中でも胃がん、大腸がんは男女ともに上位3位以内に入ります。
特に大腸がんは、女性の死因のトップです。
みなさんは、「特に症状がないから大丈夫!!」と思っていませんか?
早期がんに関して言えば、まず「自覚症状はない。」といっても良いでしょう。

早期大腸がんの内視鏡写真です。
この病変の大きさは5mm程度です。

早期胃がんの内視鏡写真です。
この病変の大きさは20mm程度です。

1枚目の写真は早期大腸がんと早期胃がんの内視鏡写真です。
この患者さんたちには自覚症状は全くありませんでした。
また、胃もたれ、食欲低下、血便などの症状がある時にはすでにがんがかなり進行しているケースもあります。さらに、進行がんでも全く自覚症状がない場合もあります。

進行大腸がんの内視鏡写真です。
自覚症状はありませんでした。

進行大腸がんの内視鏡写真です。
自覚症状はありませんでした。

2枚目の写真は進行大腸がん、進行胃がんの内視鏡写真です。
この患者さんも自覚症状は全くなく、がんを告知した時は「なんで私が….。」と驚かれていました。
胃がん、大腸がんの早期発見のためには内視鏡検査が必要です。

まずは胃・大腸内視鏡検査を受けましょう。

お電話からの予約はこちら

受付 9:00〜19:00(土日-16:00まで)

045-914-7666

WEBからのご予約

WEBからのご予約なら、時間を気にせず
24時間・365日、お気軽にご予約いただけます。