gototop

おすすめ内視鏡豆知識

Endoscopist Doctor's Knowledge

メインビジュアル

食道がんのリスク

  • 疾患・症例

飲酒と喫煙は、食道がんのリスクになります

食道がんの早期発見のため、内視鏡検査を受けましょう

飲酒と喫煙は食道がんのリスクなので、要注意です!!
たばこを吸う人、お酒を大量に飲む人、特にお酒で顔が赤くなる人は気を付けましょう。

飲酒に関して

日本人の約半数はお酒に弱いタイプの遺伝子を持っており、発がん物質であるアセトアルデヒドを分解するアルデヒドデヒドロゲナーゼ(ALDH)という酵素の活性が弱く、アセトアルデヒトが蓄積することでがんが発生します。

喫煙に関して

喫煙者は非喫煙者に比べて食道がんのリスクが7倍と非常に高く、これにアルコールが加わるとさらに3~5倍になると言われ、最大で約35倍近くに増加します。

  • 胃がんや大腸がんでもタバコによって発生率は増加します。

進行食道がんの内視鏡画像です。

早期咽頭がんの内視鏡画像です。

たばこを吸う人、飲酒をする人は定期的に胃内視鏡検査を行い、食道を観察しましょう。
また、そのような方以外も危険はありますので定期的な胃内視鏡検査をおすすめします。
(咽頭がんに関しても飲酒と喫煙がリスクとなります。胃内視鏡検査の時には咽頭、喉頭(口の中、のどの一部)も観察します。)

お電話からの予約はこちら

受付 9:00〜19:00(土日-16:00まで)

045-914-7666

WEBからのご予約

WEBからのご予約なら、時間を気にせず
24時間・365日、お気軽にご予約いただけます。