gototop

一般診療

General Practice

メインビジュアル

虚血性腸炎・虚血性大腸炎

  • 大腸に関する項目
虚血性腸炎・虚血性大腸炎

腹痛、下痢、血便がある時は虚血性腸炎かもしれません。自然に治ることが多い疾患ですが、症状が大腸がんと似ています。鑑別するためにも一度、消化器内科を受診しましょう。

虚血性腸炎とは?

 虚血とは「臓器に血液が行き届いていない」ことをいいます。

虚血性腸炎とは大腸が虚血となり、大腸に炎症を起こす病気です。

ひどいときには、潰瘍や壊死を起こすことがありますが、発赤やびらん、浅い潰瘍など軽い状態の場合がほとんどです。

虚血性腸炎の原因は?

 糖尿病・膠原病(こうげんびょう)・血管炎などの基礎疾患のある方、高齢の方、便秘の方に多いとされますが、原因不明な場合も少なくありません。

虚血性腸炎の症状は?

 典型的な症状は、腹痛、下痢、血便です。突然、左下腹部に痛みを感じ、トイレに駆け込むと普通便のあとに下痢になり、その後血便が数回出るというのが典型的な症状です。

嘔吐、気分不良、冷汗(冷や汗)を伴うこともあります。

好発部位が下行結腸からS状結腸のため、左下腹部痛を訴えることがほとんどです。

虚血性腸炎の検査、診断は?

 経過と症状で診断可能なケースがほとんどですが、腹部CT検査、大腸内視鏡検査にて診断できます。

 腹部CT検査では、下行結腸からS状結腸にかけての炎症が見られます。大腸内視鏡検査では、同じく下行結腸からS状結腸にかけてびらんや潰瘍、出血などが見られます。急性期では腹痛が強いため、大腸内視鏡検査は症状が取れてから行うことが多いです。

16659.1.1228756_105

虚血性腸炎の内視鏡画像です。虚血性腸炎に特徴的な発赤、びらん、粘膜浮腫が見られます。

虚血性腸炎と鑑別が必要な疾患

①大腸がん;下痢、血便があるときは必ず除外しないといけない疾患です。下痢、血便があるときは大腸内視鏡検査が必要です。

16298.1.1190779_109

下痢と血便を主訴に受診されました。大腸内視鏡検査(大腸カメラ)を行い、直腸に進行がんが認められました。

②潰瘍性大腸炎:慢性的な血便と下痢が症状の主体となる炎症性腸疾患です。血便や下痢が続くときは大腸内視鏡検査を行い、除外する必要があります。難病(特定疾患)に指定されている疾患です。

3207.1.1201402_024

潰瘍性大腸炎の内視鏡写真です。

③感染性腸炎:腹痛、下痢が主体となる疾患ですが、原因菌によっては血便を伴うことがあります。虚血性腸炎とは違い、症状が数日から1,2週間続くことがあります。症状がひどい場合は、便培養検査などを行い、原因菌を同定する必要があります。ほとんどの場合、整腸剤や抗生物質の内服で治癒します。

アメーバ①

腸管アメーバ症の内視鏡写真です。黄色の白苔が特徴的です。寄生虫である赤痢アメーバを病原体とする感染症です。

虚血性腸炎の治療は?

 特別な治療法はありません。通常は水分補給、安静などで数日の間に改善します。

対処療法として整腸剤などの内服薬を処方することがあります。

また、症状が強い場合(腹痛がひどい、血便が大量、発熱を伴うなど)は、入院して絶食、点滴治療を行うことがあります。

虚血性腸炎の予防は?

 原因がはっきりしている場合は、その原因疾患の治療を行います。原因がはっきりしな場合は、毎日の食生活の改善、水分摂取、腸内環境の改善などを行います。

虚血性腸炎と診断された方、血便や腹痛があり心配な方へ

 上記のように症状が似ている疾患が多数あります。特に大腸がんは、命を落とすことがある危険な疾患です。腹痛が治ったら、大腸内視鏡検査(大腸カメラ)が必要です。

またその他にも危険な病気が隠れていることもあるため、一度ご相談ください。

当院の大腸内視鏡検査(大腸カメラ)の特徴

当院では、

「苦しさと痛みに配慮した胃大腸内視鏡検査」

を提供することを第一に考えています。そのためにまず、これまで培ってきた内視鏡技術の経験を十分に活かした検査を行っています。 

内視鏡を専門とする医師が、

臓器のポイント毎にどのような内視鏡操作を行えば苦しさと痛みに配慮した検査になるのかを熟知していますので、安心してお任せください。そしてみなさま各人に合わせた、最適な量の鎮静剤を考えて検査をしています。多くの経験により検査中の苦しさを軽減し、検査後もしっかりとした目覚め・気分不良がないように配慮しています。みなさまから検査後に「思った以上に楽だった」と思っていただける内視鏡検査を実践しています。

まずはお気軽にご相談ください。

大腸カメラについてはこちら

お電話からの予約はこちら

受付 9:00〜19:00(土日-16:00まで)

045-914-7666

WEBからのご予約

WEBからのご予約なら、時間を気にせず
24時間・365日、お気軽にご予約いただけます。