gototop

おすすめ内視鏡豆知識

Endoscopist Doctor's Knowledge

メインビジュアル

アメーバ性腸炎

  • 疾患・症例
  • 大腸内視鏡検査

盲腸と直腸の潰瘍に要注意!!

原虫である赤痢アメーバ(Entamoeba histolytica)を病原体とする大腸炎です。
感染は、赤痢アメーバシスト(嚢子)に汚染された飲食物などの経口摂取により成立します。

赤痢アメーバ性大腸炎の約5%が肝膿瘍を発症します。肝膿瘍を発症すると長期の入院が必要な場合もあります。

感染者の多くは発展途上国に集中しています。日本のような先進国で感染率が高い集団は男性同性愛者、発展途上国からの帰国者などです。なかでも、男性同性愛者間に流行する赤痢アメ-バ感染症は性感染症であることが多く、他の性感染症(梅毒、HIV感染症、B型肝炎、性器ヘルペスなど)を合併していることもあります。

抗生物質で治療ができます!!

症例①の患者さんは、東南アジアでの仕事が多いサラリーマンでした。
症例②の患者さんは、男性同性愛者でした。
両者とも肝膿瘍は発症しておらず、抗生物質の内服のみで治癒しました。

症例1 40代男性
赤痢アメーバ性大腸炎の内視鏡写真です。
好発部位である盲腸に潰瘍を認めます(左写真)。
生検して赤痢アメーバと診断されました。
内服治療後の内視鏡写真です(写真右)。
先ほどの潰瘍は治癒しています。生検しましたが
赤痢アメーバは検出されませんでした。

症例2 30代男性
赤痢アメーバ性大腸炎の内視鏡写真です。
好発部位である盲腸に潰瘍を認めます(写真左)。
生検して赤痢アメーバと診断されました。
内服治療後の内視鏡写真です。
さきほどの潰瘍は治癒しています。生検しましたが
赤痢アメーバは検出されませんでした。

お電話からの予約はこちら

受付 9:00〜19:00(土日-16:00まで)

045-914-7666

WEBからのご予約

WEBからのご予約なら、時間を気にせず
24時間・365日、お気軽にご予約いただけます。