胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME  >  コラム  >  胃カメラの上手な飲み方と鼻からの方法について

胃カメラの上手な飲み方と鼻からの方法について


※イメージ画像です


胃カメラの上手な飲み方



胃カメラについて、苦しいからやりたくないと思っている方が多いですが、これをやるにあたって苦しい理由があります。それは咽頭反射という、神経反射です。口を開けたときに、指を口の奥に持っていくと気持ち悪くなります。これと同じ現象が起こるからです。その為、検査も同じで苦しいと思ってしまいます。また、咽頭反射は年をとるにあたって弱くなってくるので、検査が楽になってきます。そこで今回は少しでも楽に検査をすることが出来るような方法を紹介します。まずは服装です。ここでのポイントは楽な服装を選ぶようにします。ウエストが引き締まった服で検査を受けてしまうと胃に空気を入れたときにお腹が苦しくなってしまいます。ですから出来る限り緩い服装で受けるようにすると良いです。次に紹介するのが、携帯オーディオプレーヤーを持っていき、自分の好きな音楽を聴くということです。なぜ音楽かと言いますと、病院によっては検査をする際に音楽が流れていることがあります。これは気持ちをリラックスさせるための音楽になります。なので、気持ちを落ち着かせると言った意味でも、自分の好きな音楽を聴くと良いので、持ち込んで聞くようにすると良いです。次は麻酔について説明します。検査をするにあたって、あらかじめゼリーを5分から10分含んで麻酔をするのですが、この時に奥の方の麻酔をします。つまり、首を後ろにそらして、天井を見るような感じで出来るだけ奥の方に溜めるようにします。また、咽頭反射が強いと思う方は長い時間含むようにしておくと良いです。この麻酔によって楽に出来るかが決まるので、出来るだけ楽に検査をするためにも、麻酔をしっかりとするようにします。そうすることで楽に検査を受けることができます。そこで注意点を説明します。まずは飲み込む練習です。検査の中で一番苦しい時はカメラを飲みこむときになります。人間の体の食道はものを飲みこもうとするときに開きます。なので胃カメラを飲みこむときも一緒で、食道の入り口が開きます。スムーズに検査ができたときはこの食道がスムーズに開いた証拠になります。逆に閉じた状態だと気持ち悪くなるので、検査をする際は出来る限り気持ちをリラックスさせて体の力を抜くようにします。そうすることで検査もスムーズになります。次につばを飲み込まないことです。検査中に口の中にたまったつばを飲み込んでしまうと、気管に入り込んでしまってむせてしまいます。むせてしまうと検査どころではなくなりますので、つばは絶対に口の外に出していくようにします。これもスムーズに治療をするうえで大切な事となります。

鼻からの胃カメラについて



胃カメラと言えば、口の中から入れていくのが当たり前だと思っている方も多いですが、実はそうではないです。口からの検査ももちろんありますが、鼻から検査をするものもあります。そこで今回は鼻からの検査について紹介していきます。まず鼻からの検査ですが、痛いのか痛くないのかについて聞かれることが多いです。結論から言いますと、鼻での検査は適切な処置がされればほとんど痛みはないです。ただ、胃に空気を入れるので、お腹に空気が溜まっていて、張っているなという感じがあることはあります。ですから不快感と言えばこれだけで、痛みはほとんどないです。口からの検査では飲み込む際に気持ち悪くなる現象がありますが、鼻からの検査の場合、このように気持ち悪くなると言ったことはほとんどないです。なので、鼻からの検査の方が楽に済ますことができます。また、検査後の痛みになりますが、これは1~2時間くらいは多少の痛みがあります。耐えられないほどの激痛ではありませんので大丈夫です。このような事から口からの検査よりも鼻からの検査の方が楽になります。次に鼻からの検査のメリットとデメリットについて紹介します。まずはメリットですが、胃の検査と違い、飲み込む際に気持ち悪くなることが少ないです。口からの検査の場合、大体気持ち悪くなります。二つ目は麻酔のときの薬の量です。これは口からの検査と違い、鼻の検査の場合は麻酔の薬の量が少量で済みます。ですから体への負担も少なくなります。三つ目は検査中の会話ができます。検査中にそれほど会話をする人はいないと思いますが、口からではないので鼻からの場合、会話が可能になります。次にデメリットですが、一つ目は鼻が痛くなることがあります。痛みは検査後になりますが、1~2時間くらい痛みが続きます。二つ目は挿入できない人もいます。鼻の中が細いといった方は入れることができないケースがあるのでそういった人は口の中から入れなければならないのです。

今の技術



昔の胃カメラは正直なところ苦しいと思うことがほとんどでしたが、今の技術ではそれほど苦しくなることもないです。ですから、それほど心配する必要もなさそうです。一番検査にとって悪影響なのが怖がってしまうことです。怖がってしまうと正確な検査ができなくなってしまい、痛みも通常より出てしまうことがあります。ですから、リラックスをして受けるようにすると良いです。

国立がん研究センター中央病院で習得した技術!
大腸内視鏡検査の専門医 内視鏡検査(胃カメラ)

次の記事へ
▼よく読まれているページ
1位 検診などのオプションで腫瘍マーカー採血を無駄に行っていませんか?
2位 PET検査は「がん」を早期で見つけるための「がん検診」には適していないことをご存じですか?
3位 鎮静剤を使用する内視鏡検査のメリットとデメリットについてご存じですか?
4位 大腸がん検査を便潜血検査だけで済ませていませんか?
5位 会社の検診での胃バリウム検査だけで済ませていませんか?

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療、 休診日/水曜・祝日

月・木・金の10時から16時、火の10時から13時、土・日の10時から14時は主に内視鏡検査・治療をおこなっておりますので 基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ