胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

口からと鼻からどちらの胃カメラがいいのか

口からと鼻からどちらの胃カメラがいいのか

口からと鼻からどちらの胃カメラがいいのか


※イメージ画像です
胃カメラにはファイバースコープを鼻から入れるものと口から入れるものとがあります。はたして、どちらがいいのでしょうか。

従来からある口からいれる胃カメラの場合、喉のところにくると吐き気をもよおし、うまく飲めないという方もいらっしゃると思います。うまく飲み込めないが故に喉が傷つき、カメラが終わっても喉に違和感を感じる方もいらっしゃいます。鼻からの場合は、その心配がありません。ファイバースコープ自体、細くしなやかにできていているので、体を傷つけることも口からのものと比べれば少ないです。そのため、無痛内視鏡と呼ばれるのはこの鼻からのタイプです。使用する麻酔の量も少なく、スコープがとらえた画像を見ながら、医師と会話することも可能です。これが開発されたばかりのころは画像の精度が従来型の内視鏡に比べて劣るといわれていましたが、今では画像の精度もさほど変わりません。



そんなにいいものなら、従来型の胃カメラはいらないのではないかと思われるかもしれません。実は、詳しく調べるためには従来型の方がいいのです。組織採取といって、病理顕微鏡検査を行うために胃内の組織の一部をとることができる機能は従来型にしかありません。病理顕微鏡検査は、癌細胞があるかどうかなどを見極めるために必要なものです。ポリープ切除術や内視鏡的止血術といった手術ができるものも口から入れるものです。さらに近年では超音波内視鏡というものが注目を浴びています。これまでのファイバースコープの先端に超音波装置のついたものです。超音波装置がついているため、通常の胃カメラよりも体の中に入れる器具は太いものです。当然口からしかできません。この超音波内視鏡の優れている点は、表面だけしか写し出せない胃カメラの弱点を補う点です。表面に突出していないタイプの腫瘍の深さや大きさを超音波が見極めるのです。もちろんこちらの装置の場合も、メスがついているものがあり、早期の粘膜腫瘍であれば切除術が行えます。



このことから、結果的に口からの内視鏡をせざるを得ない場合があります。医療機関では内視鏡検査の説明の際に「どちらになさいますか」と聞かれることがあります。単に、健診的に調べてみたいという人は無痛内視鏡を利用すればいいですが、ポリープができやすいといわれたことがあるとか、がん家系とか画像を見るだけでなく詳しく調べる必要性の高い人は、はじめから口からの方法を選択しておいた方がいいかもしれません。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト