胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

大腸がんの原因と内視鏡検査

大腸がんの原因と内視鏡検査

大腸がんの原因と内視鏡検査


※イメージ画像です

大腸がんの原因



大腸がんはとても恐ろしい病気です。大腸がんは胃がんに次いで三番目にがんになる人が多い病気です。しかしながらこの病気は初期の段階ですと治りますので、定期的に内視鏡検査を受けてこのがんの検査を行ったほうが良いのです。また、このがんになってしまう原因があります。その要因の一つ目に食文化の欧米化です。昔の日本では魚やお米を主体としたご飯が一般的でした。しかし今ではファーストフードが日本に登場しました。ハンバーガー等のファーストフード店もかなり多くあります。また、イタリア料理も日本では多くあります。このようにタンパク質やカロリーの高い料理を食べると、便が大腸に滞在する時間が長くなり、便に含まれる発がん性物質も長い間大腸にとどまるので、がんが発生する危険性が高まってしまいます。また、日本では分煙が行われ、タバコの税金も上がったためタバコを止める人が多くなりました。タバコには様々な有害物質が含まれているので、発がん性物質を体内に取り込むことになります。そうすることでタバコを吸う人はタバコを吸わない人に比べて大腸がんになるリスクが7倍も上がってしまいます。タバコにはニコチンだけでなく、有害物質が多く含まれます。またタバコは血流も悪くしてしまい、高血圧にしてしまう危険性もあります。ストレスを減らすためにタバコを吸っている人は多くいますが、タバコを吸っている方がタバコを吸っていない人に比べてストレスが溜まってしまっているのです。またタバコは周囲の人にも迷惑をかけてしまうので、その点もあまりいいものではありません。他にもお酒はこのがんを発症させるリスクを高めます。適度な飲酒であれば問題はありませんが、過度に飲酒をしてしまうとがんが発生していしまうリスクを高めることになってしまいます。お酒は接待などの場でも飲まなければならない時もあります。しかし、適度なお酒であれば身体には良いということもあるので、お酒はなるべく適度に飲んだほうがいいということです。普段の仕事でデスクワークをしている人も多いです。このような仕事をしている人は運動不足になるケースがあります。運動不足は身体に悪影響を与えます。がんも同じように運動不足の方の場合は発症するリスクが高まるのです。仕事で忙しいことは多いかもしれませんが、なるべくジムなどに行って身体を動かした方ががんへの予防にもなります。アメリカでは肥満が問題になっています。日本でも同じように、お酒の飲み過ぎで肥満になってしまっていることも多いのです。この肥満も大腸がんになるリスクを高くするのです。なるべく日頃からダイエットを心がけたほうがいいのです。また、このがんの厄介なところは遺伝するという可能性もあります。大腸にポリープができやすい体質の方がいるのでそのような方が家族にいる場合は定期的に内視鏡検査を受けたほうが良いです。



初期症状



大腸がんの初期症状には血便があります。また、下血などがある場合はなるべく早めに病院の検査を受けたほうが良いです。また、わかりにくい症状に下痢や便秘を繰り返すことがあります。日頃から便秘の方もいますし、日頃から下痢な方もいるので、この症状の場合はとても初期症状であると自覚することは難しいです。このがんの初期症状はとてもわかりづらいのが特徴で、そのため早期発見が遅れてしまうケースもあります。その他にも便が細い、排便時にすっきりしないといった症状があります。この症状もわかりにくいため、初期症状であると自覚することは難しいです。お腹が張るという初期症状もありますが、飲み過ぎることや、夜中に飲食をした場合はお腹が張ることもあるので、この症状もわかりにくい症状です。しかし、腹痛が頻繁にある場合や、それと同時に貧血や体重減少を伴う場合はすぐに検査に行くことをお勧めします。これはこのがんの特徴的な初期症状なので重要な初期症状です。このように大腸がんの初期症状にはわかりにくいものとわかりやすいものがあります。ほとんどの場合は症状がわかりづらいので検査しようかどうか迷うことも多いかもしれませんが、少しでも迷ったら検査に行ったほうが良いです。



検査しておく利点



定期的に身体の検査をしておくことはとても重要なことです。何故ならがんの場合、初期の段階で見つけることができれば治る可能性が非常に高いのです。また、検査中は少し苦痛を伴う可能性もありますが、検査はしておいて損はないということです。特に、喫煙や飲酒を繰り返し行っている方はなおさら検査する必要があります。また、肥満の方もしっかりと検査を行っておく必要があります。初期症状はわかりづらいものなので、自分で自覚し、見つけ出すことは簡単なことではありません。このように病院の力を借りることで、効率的に病気を見つけることが出来ます。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト