胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

大腸の内視鏡検査について

大腸の内視鏡検査について

大腸の内視鏡検査について


※イメージ画像です
大腸内視鏡検査を医療機での受けるときの流れについて、検査前日からのスケジュールを把握しておくと、緊張も少なくてすみます。手順については、利用する医療機関の施設により、多少異なることがあります。お腹の調子が良くないなど、不安を抱えた時には医師にもそうさんして、早めに精密な内容を知ることが大切です。前日の注意事項としては、夕食の時間はいつもよりもかなり早くなりますが、だいたい午後5時頃のは済ませるようにします。



前の日の夕食では、脂っこいメニューや、思い勝利は控えることです。できるだけ消化の良い食品を選んで、量は少なめによく噛んで食べるようにしましょう。早食いはよく噛まないので、消化も良くはないですし、お生が満たされない感じが強くなって、余計に食べたくなるので、ある程度の時間をかけて咀嚼をして食べることです。夜は早めにベッドに入って、ぐっすりと眠るようにしましょう。医療機関によっては、前の日にも下剤を飲むケースもあります。



自宅での注意事項ですが、当日の朝は食事はしないことです。医薬品の服用も禁止ですし、タバコを吸うのも禁止になります。もしも常備薬を服用している人であれば、事前にドクターに相談をしておく必要があります。来ている衣類ですが、できるだけ着替えやすい服装をするようにしましょう。病院では着替えをするので、脱いだり着たりできる服装が向いています。病院では下剤を使った前処置をすることになるので、病院へは指定された時間までに行きます。



病について受付を済ませたら、前処置室での準備をします。前処置室では、これからのために大腸をスッキリとさせる下剤を飲みます。飲む量は多めであり、数回に分けて飲むことになります。大腸の動きが活発になって、数回ほどトイレへ行くことになります。時間を置きながら何回かトイレへ通うと、そのうちに液体のような水様便へと変わってきます。この作業が必要となるため、その日は時間を守って医療機関へ出かけて、その後は予定を入れない方が無難です。



当日の前処置室での準備ですが、指定された衣類は着替えをします。着替えを終わらせたら前処置室で待機をして、名前を呼ばれるまで待っています。順番が来て名前を呼ばれてから移動をします。指定された台へ横になり、調べるおなかから緊張感をとって、楽な気持ちでいましょう。痛み予防のたえに鎮静剤が注射されます。その時の状況にも合わせて、腸の緊張をできるだけやわらげる為の医薬品を、注射を使って注入することもあります。肛門から内視鏡を挿入して隅々まで観察し、内視鏡検査は数十分で終了します。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト