胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

大腸の検査を内視鏡で受ける年齢について

大腸の検査を内視鏡で受ける年齢について

大腸の検査を内視鏡で受ける年齢について


※イメージ画像です
大腸がんになりやすくなる年齢が40歳以降の人々は一年に一度は内視鏡で大腸の検査を受けた方が良いです。細部まで知る事が出来るだけではなく、検査中に痛みを感じる事がほとんどないので定期的に受けた方が安心です。

年齢が若くても家族に大腸の病気を抱えている人がいる場合や自身の体調に不安を感じる時は内視鏡の検査を早急に受けた方が良いです。その検査で問題があればすぐに専門の医療機関で次のケアを受ける事です。スムーズに行動すれば長期間にわたって健康を維持する事が可能です。

大腸の内視鏡検査の主たるターゲットである中高年の人々は仕事の忙しさや検査への不安から受けないケースが少なくないです。受けなかったために病気の発見が遅れたというケースもいくつかあります。会社、自治体が連携して積極的にその検査を受ける環境づくりを行う事が重要になります。検査を受けるきっちりとしたシステムが構築されていれば受ける人が増加するだけではなく、大腸の病気を早期発見、早期治療出来ます。早期発見、早期治療を当たり前にするためにも多くの人々が連携して新たなシステムを構築した方が良いです。

若年層は検査までの負担が非常に重い内視鏡による検査を避ける傾向が強いです。そのため、病気が発見された時には進行していて完治までに多くの時間を費やすケースがあります。年齢に関係なく異変を感じた時は専門の医療機関でその検査を受けた方が良いです。内視鏡による検査は大腸の病気を早期に発見してくれます。また、自身の健康状態の変化を容易に知る事が出来るものです。

このスタイルは他の検査よりも患者の身体面に与える負担は非常に少ないです。中高年の人であってもすぐにいつもの生活に戻る事が出来ます。大変な部分は少しありますが、体の負担は軽めのためどの世代でも気軽に受ける事が出来ます。

中高年層をメインターゲットにしている所が多いですが、若年層のトラブルも増加傾向にあるためすべての世代の健康を長期間にわたって守るためにこれを行う医療機関が増加しています。

目安の年代は言われていますが、年代に関係なく少しでも不安や異変がある時はすぐに内視鏡検査を受ける方が良いです。

ストレスで腹部の状態が悪くなりその検査を受ける若年層が増えています。病気のリスクが増大する高齢者だけではなく、腹部に不安や悩みを抱えるすべての人々が受けられるようにする事が大切です。年に関係なく受けたい人が受ける事が大事です。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト