胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

大腸内視鏡の費用について

大腸内視鏡の費用について

大腸内視鏡の費用について


※イメージ画像です
大腸内視鏡の費用については、基礎疾患などによっても異なります。相場としては、ポリープのない状態であれば5000円前後ですが、これは保険適用で3割負担の場合です。ポリープが見つかったら切除するので、約20000円から30000円くらいです。できているポリープの数量によって、費用も変わってきます。病変であるか疑いがあるときには、その組織を採取した上で、顕微鏡を使い観察することになります。生検をする場合であれば、だいたい9000円から15000円くらいが目安になります。大腸内視鏡を受ける医療機関によっても、かかる金額は変わってきます。



大腸内視鏡は肛門より内視鏡を挿入しての検査になります。ガンや潰瘍性大腸炎、ポリープなどの早期発見のためにも効果的です。もしもポリープが発見されたら、検査をしながらその場で切除することが可能です。検査については、恥ずかしいという抵抗感を餅人も少なくはありません。そういった不安は少なくするための対処がされていて、医療機関での検査の時には、専用の検査着に履き替えるので、お尻を出さないで肛門部分のみを開く検査着での検査ができます。



検査の流れとしては、前処置薬を渡す医療機関の場合は、はじめに検査日よりも前に来院をすることになります。前処置役を自宅で服用するためです。前処置により便意を感じますが、長くかかる人の場合だと、6時間くらいかかるケースもあります。だいたい2時間から3時間ほどが普通です。当日は受付受付をすみやかに済ませて、検査時間になったら専用の検査着に着替えます。



前処置薬のための注射検査の前には、約1分位で終わる腸の働きを抑える作用のある注射をします。検査は緊張しすぎないで、できるだけリラックスして受けましょう。検査をして大腸内に異常がなく、ポリープなどもなければ、検査はだいたい15分程度でおわります。もしも検査でポリープが見つかったら、検査の中で切除することになります。ですから検査に係る所要時間は、出来ているポリープの数量によっても変わります。



検査の前日の注意事項として、食事内容には注意をします。前の日は3食を食べていいのですが、メニューの内容的には消化の良いものを食べるよにします。うどんやパンなど、胃に負担がなく簡単に消化ができる食材を選ぶことです。野菜や海藻類、きのこや種のあるフルーツ、こんにゃくなども食べないようにします。検査の前の、2日から3日前からは、順調に便通があるようにします。便秘の人は下剤を服用して調整をします。夜の9時以降は、水やお茶飲みの摂取になります。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト