胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

大腸内視鏡の麻酔による効果

大腸内視鏡の麻酔による効果

大腸内視鏡の麻酔による効果


※イメージ画像です
大腸の病気の疑いが出た時、または定期的にがんやポリープの有無を検査する方法として内視鏡を行わなければなりません。がんのもとであるポリープや浅い層に留まったがんであれば、内視鏡での切除で治療が可能なことがあります。しかし、検査に危険は伴わなくても、多くの方がちゅうちょします。それは、検査に伴う苦痛があるからです。大腸内視鏡は、屈折した腸管に硬い検査器具を無理におしこみますので、普段経験することのない不快感が痛みとなり、個人差はありますが、人によっては忘れがたい痛みの記憶として残ります。



これらの苦痛を少しでも軽減するために、適度な麻酔、最先端の設備、確かな技術をもって工夫を凝らすことで苦痛を軽減させることができます。まず、鎮痛剤にて痛みを軽減させます。一人ひとりにあった量の鎮痛剤を調合することで、ウトウトするくらいの量で痛みをほとんど伴うことはありません。これは、熟練された内視鏡技術によるものです。鎮痛剤を使用したからといっても、医師の技量により、痛みや苦痛を感じることがありますので、熟練した技術が重要になります。



がんセンターや大学病院では、最先端の内視鏡診断機器を導入していますので、通常では見つけにくかった小さな病変も見落とすことなく、診断することができます。また、早期のがんの発見や病変の悪性度の診断などもおこなうことができます。このように早期発見につながりますので、最先端の機器を使用している病院で検査を受けることも重要になります。また、炭酸ガス装置を導入している病院では、検査の際に空気で大腸がパンパンになって感じる不快感や痛みを軽減させることができます。



また、大腸検査前に飲む洗腸剤の量は2リットルから3リットルと、これも、患者の方にとっての負担となります。病院によっては、この洗腸剤の量を極力少ない量で済むように工夫していることもあります。味や飲みやすさ、洗浄力にもこだわりをもって工夫すれば、飲む量を少なくすることは可能です。



このように、適度な量の麻酔を使用したり、様々な工夫をこらすことで、人によっては強い苦痛を感じる内視鏡検査の苦しみを少しでも軽減することができます。このような工夫をこらすことで、個人差はありますが、ほとんど苦痛や痛みを感じない方もいます。信頼できる病院、熟練された技術、最先端の機器など、個人にあった最適な治療方法を選ぶことで、苦痛を軽減することができます。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト