胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

大腸内視鏡検査にかかる時間

大腸内視鏡検査にかかる時間

大腸内視鏡検査にかかる時間


※イメージ画像です
現在の日本では、大腸がんにかかる人の割合が年々増加してきているのをご存知でしょうか。特に女性の場合、死亡原因の1位2位を争う程でもあります。このように怖い大腸がんですが、幸いがんの中でも進行が遅い方で、早期発見できれば高い生存率を維持することも可能です。そのためにも、40歳以上になったら最低でも3年に1回は大腸内視鏡検査を受けることが推進されています。



大腸内視鏡検査とは、1センチほどの細い管のようなカメラを、お尻から腸内へ直接挿入して内部を観察する検査になります。これによって、ポリープや腫瘍がないかを医師の目で直に確認することができ、がんの早期発見へと繋がります。検査の時間そのものは、それほどかかりません。医師の技量にもよりますが、何ごともなく観察だけで済むなら約15分、ポリープなどがあって一緒に切除する場合などは1時間程度かかることもあります。検査自体はその程度なのですが、前処置として前日の夜や検査前に大腸内を綺麗にしておく必要があります。具体的には、経口腸管洗浄液という液体を30分ほどかけて2リットル近く飲み、腸の中の便などの老廃物を排出します。飲み始めてから約2時間程度の間は何度もトイレに駆け込み、結構大変な思いをします。腸の中が全て綺麗になると、飲んだ液がそのまま出てくるようになるので、その状態になったら前処置が終了です。検査が終わるまでは、飲食が禁止になるので注意しましょう。検査前に前処置を受ける場合、前処置を併せたら半日近くかかると見ておいた方が良いかもしれません。検査結果はその場で聞いたり、後日再度受診して伝えられる場合があります。気になる場合は、検査を受けている最中に医師に聞いてみても良いでしょう。

内視鏡を挿入する際や、腸のカーブを移動する際に痛みを感じる場合もあります。我慢できない程ではありませんが、どうしても不安な場合は麻酔などで眠っている間に済ませてくれる病院もあるので、探してみると良いでしょう。リラックスしたほうが検査しやすく、痛みも少ないため腸の緊張を解く注射を行う病院もあります。



大腸がんはステージがかなり進行するまで自覚症状がほとんど無く、自分で早く気付くのは非常に難しい病です。検査は大変だと敬遠する人も多いですが、この検査を受ければ発見しやすいというメリットもあります。がんが次のステージに進行するまで5年程度かかると言われているため、定期的に内視鏡検査を受けておくと安心できます。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト