胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

胃の検査はカメラかバリウムか

胃の検査はカメラかバリウムか

胃の検査はカメラかバリウムか


※イメージ画像です
胃の検査をする方法として代表的なのは、カメラ検査とバリウム検査です。

人間ドックを受ける場合は、どちらを選ぶかを自分で決める事が出来る場合もありますが、なかなか違いが判らないという人も少なくありません。



まず、胃カメラに関しては、内視鏡を使って行う検査となっています。

口や鼻からチューブを差し込んで、内部を撮影する方法となっていて、異変がある場合は検査をしながら気になる部分を除去したりする事もできます。

しかし、ある程度の太さがあるチューブを利用するので、飲み込むのが少々大変だという点も理解しておくと良いでしょう。

ただ、現在では口からではなく鼻からチューブを入れる方法を選んでいる病院も増えてきています。

この時に使うチューブは口からの方法の場合に比べると細いので、のどのあたりなどを通る時の苦しさが軽減されたと感じる人も少なくありません。



バリウム検査は造影剤を飲みエックス線を照射して検査する方法です。

カメラを飲み込む必要はありませんが、検査前に沢山のバリウムを飲む必要がある事、さらに検査後は下剤を服用する必要があるので、検査をしてからすぐにすっきりと言う訳ではありません。

撮影自体はそれ程長い時間はかかりませんが、台の上で検査する人の指示に従って動く必要があるという事、さらに検査結果によってはその後カメラを飲む必要がある事を知っておきましょう。



どちらの方法が胃の検査に適しているかという事ははっきりと言う事は出来ませんが、内部までしっかりと調べたいと思った場合はカメラの方が精度が高いので、より細かな病気まで見つける事が出来る様になっています。

したがって、どちらの方法を選ぶかというのは年齢に応じて変えてみるというのも一つの方法です。

例えば、30代から40代位であれば両方の方法を、50代以上はカメラを利用するというのも方法としては有ります。

また、自分でどの方法が良いか迷った場合は、病院で相談してみるのも良いでしょう。

その人の症状や気になる部位、勿論年齢や既往症などに合わせてどういう方法が良いかという事を提案してもらう事が出来る場合もあります。



ちなみに、胃の検査をする場合は前日の21時以降は食事をしてはいけないとか、23時以降は糖分などが入っている水分を摂取をしてはいけない、と言った決まりがある場合もあります。

正しく検査をする為にも、こういった食事に関する決まり事は必ず守る事が重要です。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト