胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

胃カメラとガンについて

胃カメラとガンについて

胃カメラとガンについて


※イメージ画像です
日本では胃ガンが最も多いとされており、日本人にとっての国民病とまで言われる硫黄になりました。男性では9人に1人の割合で、女性では18人に1人で発症していると言われており、毎年のように年間で10万人以上の人が診断されているものです。しかし発見段階によっては、その後の生存率は違ってきます。当然ではありますが、早期の段階で発見されれば確率的にも、約98%という数字の人間は、検査をしてから5年は生存可能です。



しかし症状が末期ともなると、確率は一気に下がります。数字は大幅に下がって、わずか6%くらいになります。生命に関わる疾患等のは、基本的に早い段階での発見をすることが重要であり、もしも発見されたら早い段階で治療を始めるというのが原則となります。日々を忙しく走り抜けていると、自覚症状を実感しにくいままに過ぎ去ります。健康だと思っていても中のことはわかりませんから、定期的な検診を受けることは早期発見にもつながりやすくなります。



検診については、厚生労働省から年齢的に、40歳以上からは定期的な検診を受けることを推奨しています。検査項目としては、X線検査や内視鏡検査、それからペプシノゲン検査や、ヘリコバクターピロリ抗体検査など、若干項目は多いものの、自分の健康のためには受けておいたほうが安心でしょう。気になる時にはカメラだけでも検査を受けておくことです。カメラの検査であれば、検査をしながら内部の状況がわかりますし、それほど時間もかかりません。



検査を受診した方が良いのは、日頃から塩分の多い食事が多い人もです。これままで二タバコを吸う習慣があった人も、現在も継続的に喫煙している人も検査は受けたほうがいいでしょう。アルコール摂取量が多い人や、もたれやむかつきを感じたり、何か不調を感じている時などは、内側をカメラで検査するのは、対処方法もわかることになります。病気にも種類があって、十二指腸潰瘍やガンなどもあって、いずれの病気も本人の自覚症状が少ないものです。



症状は悪化するまでわかりにくいといった困った特徴がありますから、定期的な検診を受けることは大切なことです。ただの飲みすぎだとか、食べ過ぎといった、勝手な自己判断をすることもあるので、不調を感じる時には検査が必要です。いつの間にか病気が進行していることは、実際にも少なくはないのです。症状が進んでしまい進行ガンとなると、そこからの生存率は一気に3%から4%に減少してしまいます。定期的に胃カメラなどの検査を受けている人は、胃の病気での脂肪率も低くなります。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト