胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

胃カメラの後に喉の痛み感じたことないですか

胃カメラの後に喉の痛み感じたことないですか

胃カメラの後に喉の痛み感じたことないですか


※イメージ画像です

胃カメラの検査で、麻酔が切れた後にふと喉の痛みを感じる経験をされたことはないでしょうか。

実際の痛みは唾を飲み込むと痛む程度のものだそうです。この検査でこのような症状がおこる頻度は少なくないとも言われています。また咽頭反射という言葉があります。口をあけて指を奥の方にいれると吐き気がする。戻しそうになるその状態が咽頭反射によるものであり、その反射自体も高齢になっていくと弱くなるとされています。胃カメラを受ける年齢はいまだ若い方も少なくありません。痛みのない胃カメラをうける為にはいくつかの注意点があります。

その内容には、楽な服装で検査をうけることやできる限りリラックスした状態で受けられるようにBGMなども有用とされています。そして麻酔用のゼリーを使う際のポイントとしては、首を後ろに反らし天井を見上げるような姿勢になり、なおできる限り喉の奥の方で留めておくようにするイメージが使われます。一般的な時間は5分から10分が良いとされていますが、咽頭反射が強いとされている方はとくに奥の方で、しかも長めで麻酔をすることがポイントです。麻酔がうまくできれば痛みをやわらげる効果も期待できるでしょう。その他で大切なポイントとされることは、カメラを飲み込む動作がうまくできるように練習しておくことだと言われています。

食物を飲み込む動作をする際に通常、食道の入り口は開きますが、えずいた時には逆に入り口は閉じてしまっています。そのような時には、無理してカメラを挿入してもうまく入らないと言われていますし、粘膜を傷つける可能性もでてきます。

また、仰向けで寝ている状態で検査をうける際に唾を飲み込まないことも大切です。唾が気管の中に入ってしまうとムセがおこり、検査をすすめることはさらに難しくなります。キシロカインなどの喉の麻酔が嫌で、鎮痛剤をうつことで代用されている方もおられるでしょう。しかし一般的なやり方としては咽頭麻酔をすることが前提です。

なお鎮痛剤の量も少なめからかなり多めの量にわかれるようです。また施設によってはゼリー状の麻酔薬は使用せずにスプレー式の麻酔薬を使っておられるところもあるようですし、患者の状態にあわせた使い方をされているようです。たとえば妊婦さんや、検査後にすぐに帰りたいとされる方には喉の麻酔のみでされることもあるようです。

入院施設がないクリニックなどではこのような処置のもとで検査されているところも少なくありません。カメラを挿入する医師の手技はとても大切なポイントですので熟知する必要があります。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト