胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

胃カメラを受けて検査後にデータを知る

胃カメラを受けて検査後にデータを知る

胃カメラを受けて検査後にデータを知る


※イメージ画像です
胃の様子をくわしく知るためには胃カメラする必要がありますが、その検査をするには誰もが気持ちの良いものではありません。だから多くの人がそのような検査はなるべくは受けたくないと感じることでしょう。しかし胃に不調を感じて病気かもしれないというときや、癌になっていても早期発見なら完治も可能なのでそのために定期的な健康診断でもバリウムよりもカメラをと受けることはあります。その場合バリウムでポリープが発見されればそのポリープが悪性でないかどうかを調べるために結局は内視鏡検査が必要になるので健康診断でバリウムよりも胃カメラを受けると一回の検査で済むというメリットもあります。

さて苦しい、気持ち悪いというイメージのある胃カメラですが、最近は医療技術が発達し、あまり苦しくなく、あるいはいつの間にか検査が終わってしまったという方法で検査を行うことができる病院もあるのです。個々に合った量の鎮静剤を注射し、経験豊富な医師によって検査が行われるので、痛みや苦しみを感じることがなく終わるということもできるのです。実際にはうとうとするくらいの軽い量の鎮静剤の量なので安心して使ってもらうことができます。

そしてさらに最先端の内視鏡診断機器を導入している病院では通常の内視鏡では見つけにくいような小さな病変でも見つけることができたり、病変を何倍にも拡大して詳しく検査をしてもらうことによって、その病変が悪性であるかどうかも見てもらうことができます。そのうえモニターがハイビジョンも高精度なものを導入し、より大きくはっきりと高精度な画像が見られるように工夫されている病院があります。





そしてうとうとしている患者さんが検査後にはっきりと目覚めた後にまた録画されたようなデータを一緒に見て説明を受けるというものです。後から説明を受けるということでも画像データを一緒に見て説明を受けるので「本当は悪性なのではないか」「隠しているのではないか」という疑いを持つ必要もありません。

苦痛で受けにくい内視鏡カメラですが、このような病院があると受けることが苦痛ではなくなり、何の症状がなくてもきちんと定期健診を受ける人が増えがんの発見が遅れる人も減ってくることでしょう。まだまだこのような技術と設備のある病院は少ないですが、このような病院が全国に数か所できることによって定期的な健康診断を受ける人の確率も、癌の早期発見で完治する人の確率も増えてくることでしょう。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト